輝度は2,500ルーメン

LG、床置き型で持ち運べる4K/HDRプロジェクター「HU80KA」。CESで披露

編集部:小澤貴信
2018年01月05日
LGエレクトロニクスは、4K対応プロジェクター「HU80KA」をCES 2018で披露する。

「HU80KA」

HU80KAは、4K解像度(3,840x2,160)を備えた家庭用プロジェクター。従来製品よりも25%以上明るい、2500ルーメンという輝度を実現。HDR10にも対応している。

利用イメージ

本体は縦長の形状で、設置性の高さも特徴。本体は床面に直接置くよう設計されている。上面の開閉式レンズカバーの内側にミラーを備えており、これを調整することで映像の投写位置を調整することができる。カバーを完全に開くことで、天井投写も実現できる。

サイズは横165mm、縦165mm、高さ470mmで、質量は6.5kg。本体にハンドルを備えており、容易に持ち運ぶことも可能だという。またボタンを押すだけで、掃除機のように電源ケーブルを本体へ収納することができる。

LGのスマートテレビ・プラットフォームである「webOS」を採用。本体で直接、映像ストリーミングサービスなどを再生して投写することができる。

LGエレクトロニクスのIT事業部長ジャン・イクファン氏はプレスリリースにて、「高画質大画面映像を簡単に見ることができるLG 4K UHDプロジェクターで家庭用プロジェクター市場にもう一度革新を起こすだろう」と述べている。

関連記事