ASUSへのサンプル提供を開始

JOLEDの印刷方式21.6型4K有機ELパネル、ASUSがCESで発表するプロ用モニターに採用

編集部:小野佳希
2018年01月05日
JOLEDは、ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)へ、21.6型の4K印刷方式有機ELディスプレイパネルのサンプル提供を開始した。

ASUS ProArt PQ22UC

JOLEDの有機ELディスプレイパネルは、ASUSがCES 2018で発表するプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt PQ22UC」に使用される。ASUSはプレスリリースの中で、「ピュアRGBストライプを備えた最先端の有機ELテクノロジーは高い色純度を保証し、PQ22UCは、DCI-P3カバー率99%の高彩度による、忠実な色再現性を実現しています。真の10ビット色深度を備え、暗い黒と明るい白のコントラスト比は1,000,000:1。最速0.1msの高速応答性は、動きの速いビデオやアニメーションコンテンツの表示において卓越したパフォーマンスを実現します」と述べている。

JOLEDでは『今後、中型プロフェッショナルモニター市場において、JOLEDの有機ELディスプレイパネルの浸透を図るとともに、先進のデバイスにより「ワクワク」と「感動」にあふれる世界を実現するという目標に向け、有機EL分野におけるリーディングカンパニーを目指して挑戦し続けていく』としている。

JOLEDは、RGB印刷方式による有機ELパネルを世界で初めて製品化し、12月5日より出荷を開始していた(関連ニュース)。同パネルは21.6型4Kで、画素数は3,840(RGB)×2,160、画素密度が204ppi。ピーク輝度は350カンデラで、コントラスト比が100万対1、パネル厚は1.3mmで、質量が500g。

同社が開発した独自のRGB印刷方式では、大画面に均一に一括塗布する設備技術・プロセス技術の実用化とともに、光取り出し効率が高い独自のトップエミッション構造により、優れた色再現性や広視野角を実現したという。

関連リンク

関連記事