専用ボタンでスムーズな連携を実現

ボーズ、初のGoogleアシスタント対応NC+ワイヤレスヘッドホン「QC35 II」

編集部:川田菜月
2017年11月27日
ボーズは、ノイズキャンセリング機能に加え、新たにGoogleアシスタントにも対応するワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones II(QC35 II)」を11月27日から発売する。価格は39,960円(税込)。

「QuietComfort 35 wireless headphones II」ブラック/シルバー

本機は、ボーズ独自のノイズキャンセリング技術とBluetoothによるワイヤレス接続に対応するヘッドホンとして人気の「QC35」(関連ニュース)をベースに、ヘッドホンとしては現時点で唯一となる、Googleアシスタント機能にも対応した新モデル。米国では9月に発表されており(関連ニュース)、今回日本での発売が決定したかたち。

Googleアシスタント機能を新たに搭載

QC35 IIでは、Googleアシスタント機能専用のアクションボタンを左側のイヤーカップ下部に装備。ボタンをワンタップするとGoogleアシスタントを立ち上げることができ、通知を読み上げたり、押したまま話しかけることでスマホを取り出さずに音楽の再生などの操作ができる。

GoogleアシスタントのアプリでQC35IIを選択

通知するアプリを設定することで、必要な内容のみ確認できるようにカスタマイズできる

従来から引き続き、独自のノイズキャンセリング技術を搭載。また、ノイズキャンセリング機能付きのデュアルマイクシステムにより、音声アシスタント機能へのスムーズな連携や、騒がしい環境下でもクリアな音声通話が可能とのこと。音量に合わせて自動的に音のバランスを整えるイコライザー回路「Volume-optimized EQ」も搭載する。

アクションボタンを押して話しかけることでGoogleアシスタントとのスムーズな連携を可能に

ノイズキャンセリング効果は、ボーズの無料アプリ「BOSE Connect」を使って「高/低/OFF」の3段階から選択が可能(関連ニュース)。「高」は従来通りの高いノイズキャンセリング効果を、「低」では静かな場所でのリスニングに適した効果を発揮するとしている。BOSE Connectアプリからアクションボタンの機能をノイズキャンセリング効果の調整にあてることも可能。その際は、マルチファンクションボタンを押すとGoogleアシスタントの起動が行える。

右側イヤーカップ部には、電源ON/OFF、音楽の再生/停止、音量調整などの操作ボタンを装備。マルチファンクションボタンはSiriやAndroidアシスタントなどへのアクセスもできる。

右側イヤーカップ部に操作ボタンを装備

BluetoothおよびNFC機能を搭載。Bluetooth接続は2台までのマルチポイント、最大8台のマルチペアリングに対応する。リチウムイオンバッテリーを搭載し、一回の充電は2.25時間。連続再生はワイヤレス使用時が最大20時間、有線接続時が最大40時間となる。

デザイン面では軽量で高級感ある素材を採用。柔らかいAlcantara素材や、イヤークッションには合成プロテインレザーとパッシブノイズキャンセリング用のシリコンを使用し、人間工学に基づいた設計により長時間使用でも疲れにくいとしている。

カラーはブラックとシルバーの2色を用意。質量は234g。付属にキャリーケース、充電用USBケーブル、3.5mm音声ケーブルを同梱する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBOSE
  • 型番QuietComfort 35 wireless headphones II
  • 発売日2017年11月27日
  • 価格37000
【SPEC】●充電時間:2.25時間 ●連続再生時間:ワイヤレス使用時 最大20時間、有線接続時 最大40時間 ●質量は234g

関連記事