有線使用時はハイレゾにも対応

beyerdynamic、テスラテクノロジー搭載ヘッドホン初のBluetooth機「Aventho Wireless JP」

編集部:川田菜月
2017年11月15日
ティアックは、同社が取り扱うbeyerdynamicより、初のテスラテクノロジー搭載Bluetoothヘッドホン「Aventho Wireless JP」を12月上旬から発売。価格はオープンだが、直販サイトでは66,960円(税込)で販売される。

「Aventho Wireless JP」ブラウン/ブラック

Aventho Wireless JPは、テスラテクノロジー搭載ヘッドホン初のBluetooth対応モデル。テスラテクノロジー特有の高い解像度や広い音場を実現すべく、ワイヤレス用にドライバーを最適化したという。有線使用時にはハイレゾ再生にも対応する。

本機は有線モデル「T51 p」をベースに開発され、IFA2017にて製品発表(関連記事)、秋のヘッドホン祭り2017にて国内披露されたモデルで(関連記事)、今回発売時期が決定したかたち。

右側のイヤーカップはタッチパッドを搭載し、接続したスマートフォン操作が可能。左側にはマイクを内蔵しており音声通話にも対応する。本体カラーはブラックとブラウンを用意。

右側のイヤーカップはタッチパッドを搭載

BluetoothはVer.4.2を搭載。プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP/GAVDP、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HDに対応する。

独・Mimi Hearing Technologies社と共同で開発したスマホ用アプリ「MIY(Make it yours)」を用意。アプリでは個人の聴力を測定・分析し、ユーザーに会ったサウンドプロファイルを生成する、サウンドパーソナライゼーション機能が利用でき、そのデータをヘッドホンに転送することで耳に負担の少ない安全かつバランスの取れたサウンドを提供するとしている。

スマホ用アプリ「MIY」で自分のサウンドプロファイル再生ができる

周波数特性は10Hz〜40kHz、インピーダンスは32Ω。質量は238g(ケーブル含まず)。付属品には、長さ1.2mの着脱式片出しストレートケーブル(プラグは3.5mmステレオミニ)、充電用USB Type-Cケーブル、専用キャリングケースを同梱する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBEYERDYNAMIC
  • 型番Aventho Wireless JP
  • 発売日2017年12月上旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格62,000円)
【SPEC】●形式:ダイナミック、密閉型 ●周波数特性:10Hz〜40kHz ●感度(SPL)105dB (1mW/500Hz)※有線使用時 ●インピーダンス:32Ω ●歪率:0.3% @ 500Hz ●許容入力:100mW ●電池持続時間:最大20時間まで ●充電時間:約2時間 ●バッテリー容量:1050mAh ●質量:238g(ケーブル含まず)

関連記事