リケーブル「SoundsGood WhiteSnake」シリーズも

e☆イヤホン、約5千円のハイレゾ対応イヤホン「響(Hibiki)」。“AAW”と”Shozy”のコラボモデル

編集部:伊藤 麻衣
2017年11月17日
e☆イヤホンは、同社が独占取扱を行っているカスタムブランド“AAW”と”Shozy(ショージィー)”のコラボイヤホン「響(Hibiki)」を、“いいイヤホン・ヘッドホンの日”の11月18日に発売する。価格は5,480円(税込)。

「響(Hibiki)」

本機は、「手頃な価格のシングルダイナミックドライバーイヤホン」として企画・開発されたイヤホン。5,000円台という価格でリケーブルに対応。ドライバーには、高効率の10mm口径ダイナミック型ドライバーを1基搭載。再生周波数帯域は20Hz〜40kHzをカバーし、ハイレゾ再生にも対応する。

ケーブルの着脱部は、カスタムIEMにも使用される銅製の2PINソケット仕様。導体には、26AWG高純度銅線を採用。加えて、iOS/Androidに対応した3ボタン式リモコンも搭載する。

カスタムIEMにも使用される銅製の2PINソケット仕様

透け感のあるリモコン部

また、フェイスプレートは“本物の”カーボンファイバー製となっている。感度は102dB SPL@1mW、インピーダンスは18Ω@1kHz。付属品として、イヤーピース(S/M/L)を同梱する。

「WhiteSnake」のリケーブルも発売

また、e☆イヤホンは、高音質リケーブル「SoundsGood WhiteSnake(ホワイトスネイク)」シリーズのリケーブル4モデルおよび2.5mm4極-4.4mm5極変換プラグの先行販売を行う。各ラインナップと価格は以下のとおり。

<リケーブル>
・「WS-MS(MMCX-3.5mm)」 ¥9,980(税込)

WS-MS

・「WS-MB(MMCX-2.5mm)」 ¥9,980(税込)

WS-MB

・「WS-TS(2Pin-3.5mm)」 ¥9,980(税込)

WS-TS

・「WS-TB(2Pin-2.5mm)」 ¥9,980(税込)

WS-TB

<2.5mm4極-4.4mm5極変換プラグ>
・「WS-BB」 ¥4,980(税込)

WS-BB

リケーブルは、同社が今夏より開発に関わり、線材の選択とパッケージデザインの監修を行った。線材に単晶銀を含ませることで、高域から低域までフラット且つ芯のあるクリアな音を実現したという。

導体に19本の銀コートOCCを編んで製造した芯を16本使用。同社は、16芯ハンドメイドリケーブルで、9,000円代という同価格でも特異(破格)であるとアピールしている。ケーブル長は共通で、1.15m。

2.5mm4極-4.4mm5極変換プラグは、ケーブル部分に、14本の銀コートOCCを編んで製造された芯線を12本使用した、12芯ハンドメイドケーブルを採用。銀コートOCCにより、しっかりした低域と華やかな高域が再生を実現したとする。ケーブル長は17cm。

関連リンク

関連記事