aptX HDにも対応

Acoustic Research、4.4mm端子搭載ハイレゾプレーヤー「AR-M200」。54,800円で11月24日発売

編集部:小野佳希
2017年11月02日
フロンティアファクトリーは、Pentaconn4.4mmバランス端子を搭載するほかaptX HD対応にも対応する、Acoustic Researchのハイレゾオーディオプレーヤー「AR-M200」を11月24日に発売する。価格は54,800円(税別)。

AR-M200

4.4mmバランス端子を装備

春のヘッドフォン祭2017やポタフェス2017で参考展示されていた製品が正式発表された形。直販サイトでは先行予約を受け付けるほか、同時発表された4.4mmバランス端子採用イヤホン「AR-E10」とのセット販売も限定で行う。セット販売品の価格は79,800円(税抜)。

最大DSD 5.6MHzまでの再生に対応。ネイティブ再生は192kHz/24bitまでの対応で、DSDはPCM変換での再生となる。OSは従来のAndroidベースから独自OSに変更された。

背面部

DACチップにはAKM AK4490を搭載し、フルバランス・シングルエンドのCLASS Aヘッドホンアンプを内蔵。ヘッドホンアンプはプリ部にOPA2134を2基、パワー部にTPA6120A2を採用している。

Bluetoothでは上述のようにaptX HDにも対応。Bluetoothのバージョンは4.2で、aptX HDのほかはaptXとSBCコーデックに対応している。

BluetoothはaptX HDにも対応

内蔵メモリ容量は32GBで、外部記録媒体はmicroSDXCに対応。端子には4.4mmバランス端子と3.5mmステレオミニUSB Type-Cを装備。USB Type-Cによる高速データ転送と充電が行えるとしている。

端子部

バッテリー容量は1,700mAHで最大約7.5時間の駆動が可能。ディスプレイサイズは2.5インチ。プロセッサーはDual Cortex-M3を、クロックはシングル XO + PLLを採用している。

別売で専用のレザーケース「Genuine Leather Case for AR-M200」も用意。プレーヤーの液晶を露出させたまま本体を保護するオープンタイプのケースで、装着したままプレーヤーのコントロールボタンを操作することができる。価格は4,800円(税抜)。

専用レザーケースを装着したところ

なお、明日11月3日(金・祝)と4日(土)に中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2017」に本機を展示する。フロンティアファクトリーのブースは11階「アネモ」ルーム。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドACOUSTIC RESEARCH
  • 型番AR-M200
  • 発売日2017年12月8日
  • 価格54800
【SPEC】●ディスプレイ:2.5インチ(240 x 320)IPS液晶ディスプレイ ●OS:独自リアルタイムOS ●ヘッドホンアンプ:プリアンプ:OPA2134×2 ●パワーアンプ:TPA6120A2 ●内蔵メモリー:32GB ●拡張メモリー:microSDXC(最大256GB) ●USB:USB Type-C ●出力インターフェイス:3.5mmステレオ(アンバランス)、4.4mm Pentaconn(バランス) ●出力電圧:2Vrms ●Bluetooth:Bluetooth 4.2(双方向) ●プロファイル:出力モード:A2DP / AVRCP、受信モード:A2DP / AVRCP / HFP ●コーデック:SBC /aptX/aptX HD ●Output S/N:110dB ●出力部周波数特性:20Hz〜20kHz (サンプリングレート:44.1kHz 〜 48kHz)、20Hz〜40kHz (サンプリングレート:88.2kHz 〜) ●対応PCシステム:Windows 7以上、Mac OSX 10.6以上 ●対応ファイル形式:FLAC / ALAC / DSD6(4 2.8MHz) / DSD128(5.6MHz) / WAV / MP3(ネイティブ再生は192kHz / 24bitまで、DSDはPCMに変換) ●充電時間:約3時間 ●稼働時間:最大約7.5時間 ●外形寸法:58W×120H×15Dmm ●質量:120g

関連記事