製品の先行展示も

エミライ、FiiO社製品を取扱い開始。秋のヘッドホン祭で新製品発表 ー オヤイデ電気も取扱いを継続

編集部:川田菜月
2017年10月30日
(株)エミライは、中国を拠点とするFiiO社製品の取り扱いを開始。11月3日・4日に東京・中野で開催される「秋のヘッドフォン祭2017」にて取り扱い予定の新製品発表会を開催、製品の先行展示を実施する。

エミライがFiiO社製品の取り扱いを開始

FiiO Electronics Technology(以下、FiiO)社では、主にポータブルオーディオ用途のヘッドホンアンプ、デジタルオーディオプレーヤー分野にて製品を展開。また、近年ではイヤホン製造も開始するなど製品の幅を広げている。ミュージックプレーヤー製品においては年間約100万台の出荷を行っており、世界各国でも高い人気を誇っているとのこと。

同社は本件について、「FiiO社は今後の日本市場への積極的な製品投入を予定しており、今回の取扱開始は当社の輸入代理業務におけるポータブルオーディオ製品分野の競争力向上に資するものと考えている」とコメント。

FiiO製品はこれまでオヤイデ電気が総代理店業務を行っていたが、契約が終了。ただし、今後はオヤイデ電気も国内代理店のひとつとして従来同様に製品取り扱いは行うとのこと。エミライでは「オヤイデ電気で取り扱っていない製品を新たに取り扱いする」説明している。

関連リンク

関連記事