バランス出力対応

オヤイデ、ハイレゾDAP「X7」専用のアンプモジュール「AM3」

編集部:杉浦 みな子
2016年07月15日
(株)小柳出電気商会は、同社が取り扱うFiiOブランドより、ハイレゾDAP「X7」専用のアンプモジュール「AM3」を8月5日に発売する。価格はオープンだが、15,000円前後での実売が予想される。

AM3

X7に装着する

X7の本体下部に装着するタイプの外部アンプモジュール。音声出力端子として、3.5mmステレオミニと2.5mm 4極バランス出力を搭載しており、それぞれ同時に音声出力することもできる。

AM3の背面

内部にはTexas Instruments社のオーディオ用高性能オペアンプ/ バッファー「OPA1622」を6基採用。フルチャンネルのバランス出力と通常のステレオ出力の両方を、低歪み率で実現するとしている。

音質に関しては、バランス出力時には音の分離感と解像度を高めており、また高域の繊細な表現と中低域のエネルギッシュな再生を両立するとのこと。

また、X7本体にAM3をバンドルしたセット「FiiO X7 w/ AM3 bundle」も同時に発売予定。こちらも価格はオープンだが、108,000円前後での実売が予想される。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドOYAIDE
  • 型番AM3
  • 発売日2016年8月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
【SPEC】●音声出力端子:3.5mmステレオミニ、2.5mm 4極バランス出力 ●出力:3.5mmステレオミニ出力…≧250mW(16Ω/1kHz)/≧190mW(32Ω/1kHz)/≧25mW(300Ω/1kHz)、2.5mmバランス出力…≧420mW(16Ω/1kHz)/≧540mW(32Ω/1kHz)/≧70mW(300Ω/1kHz) ●S/N比(A-weighted):≧115dB ●THD+N(32Ω/1kHz):3.5mmステレオミニ出力時…<0.001%、2.5mmバランス出力時…<0.0008% ●チャンネルセパレーション:3.5mmステレオミニ出力時…>72dB@32Ω、2.5mmバランス出力時…>110dB@32Ω ●連続駆動時間:約6時間以上

関連記事