ハイレゾ再生対応

Beat-in、ダイナミック×1とBA×2の3ウェイ・ハイブリッドイヤホン「Beat-in HYBRID」

編集部:押野 由宇
2017年10月10日
ロア・インターナショナルは、同社が取り扱うBeat-inブランドより、ハイレゾ対応ハイブリッド方式イヤホン「Beat-in HYBRID」を発売する。価格は18,500円(税抜)。カラーはグレーとシルバーの2色展開。

「Beat-in HYBRID」(グレー)

「Beat-in HYBRID」(シルバー)

Beat-in HYBRIDは、ダイナミックドライバー1基とバランスド・アーマチュアドライバー2基を搭載した、3ウェイのハイブリッド型イヤホン。ダイナミックドライバーの振動板には、平面上ではダイヤモンドよりも硬いとされるナノカーボンの一種である「グラフェン」を採用。低音から高音まで広いレンジを滑らかでクリアに表現し、スピード感あるサウンドを実現するとしている。

ハウジングは軽量で耐食性に優れたアルミニウム合金を使用し、コネクターはMMCXタイプ。ケーブルは音質重視のOFC(銅99.99%)シルバーコーティングケーブルと、リモコン・マイク付きケーブルに2種類を付属する。

また、チューニングフィルターも2種類を用意。バランスに優れた標準フィルターと、高音強調フィルターが付属する。イヤーチップはシリコン製と低反発素材製を各3セット同梱。

再生周波数帯域は20Hz〜40kHzでハイレゾに対応。インピーダンスは32Ωで、出力音圧レベルは99±2dB。最大入力は10mW。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBeat-in
  • 型番Beat-in HYBRID
  • 発売日2017年10月10日
  • 価格¥18,500(税抜)
●ドライバー:ダイナミック×1、バランスド・アーマチュア×2 ●再生周波数帯域:20Hz〜40kHz ●出力音圧レベル:99±2dB ●インピーダンス:32Ω ●最大入力:10mW ●イヤホンプラグ:MMCX

関連記事