不活性金属を使用した新開発ドライバーを搭載

NuForce、NFMI採用の完全ワイヤレスイヤホン「BE Free8」を10月13日に発売

編集部:押野 由宇
2017年10月06日
バリュートレードは、同社が取り扱うOptoma/NuForceの完全ワイヤレスイヤホン「BE Free8」を10月13日(金)より発売する。予約は10月7日(土)から開始となり、価格は16,880円(税抜)。

「BE Free8」

BEFree8は、水素よりも高いイオン化エネルギーをもつ不活性金属を使用した「5.8mm不活性金属コーティングダイアフラム」を採用の新開発ドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。クラウドファンディングサイト「Makuake」にて展開されていたプロジェクトのモデルが、正式に発売されるかたち(関連ニュース)。

イヤホン内部のイメージ

左右の耳の間で双方向に音を伝送しあうために開発された伝送技術「NFMI」技術を採用。音切れを最小限に抑え、より快適に音楽を楽しむことができるとしている。Bluetooth規格は4.1、コーデックはAAC、SBC、aptX LL(Low Latency)に対応する。

本体は人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインで、IPX5に準拠する防水性能を確保。イヤーチップはSpinFitがBE Free8用に開発した超薄型フランジ仕様のものとなる。

連続音楽再生および通話時間は約4時間。500mAhリチウムイオンバッテリーを搭載したバッテリーボックスは、最大3回のフル充電に対応する。フル充電に必要な時間は約180分。

CVCノイズキャンセリングマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話に対応。喧騒の街中でも快適に会話のできる高い通話品質を実現したとする。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドOPTOMA/NU FORCE
  • 型番BE Free8
  • 発売日2017年10月7日
  • 価格16880
【SPEC】●ドライバーユニット:メタルコーティングダイアフラム 6mmダイナミック型 ●再生周波数:20Hz〜20kHz ●対応コーデック:AAC、SBC、aptX Low Latency ●バッテリー駆動時間:4時間(ケース使用で最長16時間) ●Bluetooth:4.1 ●質量:本体:11g/充電ケース:44g

関連記事