Amazonスキルも各社が開発

Amazon「Alexa」とAIスピーカー「Echo」が年内に日本上陸。オンキヨーやハーマンも国内製品投入へ

編集部:風間雄介
2017年10月02日
Amazonは、音声アシスタント機能「Amazon Alexa」とAIスピーカー「Amazon Echo」を年内に日本で展開することを発表した。

Amazon「Echo」

事前購入希望をしたユーザーは、招待制でEchoを購入できるようにする。またAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開。開発者が日本のユーザー向けAlexaの音声操作サービスを構築できるように支援する。

Alexa Voice Service(AVS)を開放することで、サードパーティーもAlexaを使ったAIスピーカーを開発することが可能になる。

Amazonでは、「アンカー・ジャパン、HTC、オンキヨー、ハーマンインターナショナルほかの企業はすでに、日本市場向けにAVSを使用したAlexa対応製品の発売を計画している」と述べている。

またAlexa Skills Kit(ASK)については、NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、NHK、JR東日本、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー、リクルートホールディングス他のパートナーより提供される予定。

Amazonが販売するAIスピーカー「Echo」は、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ることが可能。専用トゥイーターや2.5インチ ダウンファイアーウーファーを搭載し、「部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されている」という。

関連記事