業界初 RGBを1社で提供可能に

シャープが緑色半導体レーザー量産開始、小型PJやHMDの光源にも

編集部:風間雄介
2017年09月19日
シャープ(株)は、緑色半導体レーザーの量産を今年11月から開始する。サンプル価格は10,800円、月産台数は100万台。

緑色半導体レーザー GH05130B2G(φ5.6 TO-CAN)

ディスプレイの光源に適したもので、波長は515nm、光出力は30mW。標準タイプの直径5.6mmと、小型な直径3.8mmの2種類の金属パッケージをラインナップする。小型プロジェクターやヘッドアップディスプレイ(HUD)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などの光源として利用できる。

今回の緑色レーザー量産開始により、シャープは業界で初めて、光の三原色であるRGBの半導体レーザーを1社で提供可能となった。光の強さやレーザー光の形状などの光学特性、さらには電流値などの電気特性の調整に応じ、開発期間の短縮や調達業務の負荷を軽減できるという。

関連記事