「自然でストレスの無いサウンド」を実現

タイムドメインラボ、“ダンボー”バッテリーを手掛けるcheeroと快眠ツールで技術連携

編集部:伊藤 麻衣
2017年08月01日
(株)タイムドメインラボは、モバイルバッテリーの開発ブランド“cheero”(チーロ)を展開するティ・アール・エイ(株)への音響技術提携を発表した。

同社は、“周波数領域・音量に加え時間領域・波形をも深く探求する”というアプローチの「タイムドメインコンセプト」を用いて、cheeroの快眠ツール「sleepionシリーズ」をはじめとする製品の音質開発および改善を全面的なサポートを行っていく。

タイムドメインラボのタイムドメインオーディオ「i-SIDE」

なお、すでに、世界初とされるポータブル型快眠サポート機器「sleepion 2」の音質改善において、タイムドメインコンセプトのノウハウが投入されているとのことだ。

cheeroのポータブル型快眠サポート機器「Sleepion2」

両社は、今後の製品の音質に関して、設計コンセプトから検討し「自然でストレスの無いサウンド」の実現を目指すとしている。

cheeroは、ティ・アール・エイ(株)の社内新規ビジネスとして2011年にプロジェクトをスタート。「あなたの生活をちょっと便利にするコモノたち」をポリシーに展開しており、漫画『よつばと』に登場する“ダンボー”をモチーフにしたバッテリーなどを開発している。

【問い合わせ先】
タイムドメインラボ
TEL/072-697-0150

関連リンク

関連記事