「システム移行に伴う解約増が一時的に生じた」

Hulu、日テレが取得後初の会員数純減

編集部:小野佳希
2017年07月31日
日本テレビホールディングスは、2017年度第1四半期決算を発表。グループ会社のHJホールディングスが運営する映像配信サービス「Hulu」の会員数について、日本テレビがhuluを取得してから初の純減となったことを明らかにした。

決算資料より

Huluの会員数は2017年6月末時点で154万7,812人で、前期末から3,783人減少。日本テレビ取得後初の純減となった。

純減の原因については、「システム移行に伴う解約増が一時的に生じた」と説明。一方で「現在、解約申請は沈静化している」という。

Huluは5月にアメリカ本国のhuluシステムから独立しシステムをリニューアル。URLを「hulu.jp」から「happyon.jp」にしたほか、各種システムを変更するなどしていた(関連ニュース)。一方で、7月からはHulu,LLC(米国Hulu社)、ヤフー、東宝、讀賣テレビ放送、中京テレビ放送の5社を新株主として迎えている(関連ニュース)。

関連記事