VR空間内を動き回れる

ソフトバンク、HTC製VR HMD「LINK」を8月4日に発売。HTC U11と接続して使用

編集部:風間雄介
2017年08月01日
ソフトバンク(株)は、HTC製のVRヘッドマウントディスプレー「LINK」を2017年8月4日に発売する。

同じくHTC製のスマートフォン「HTC U11」(関連ニュース)とUSB-C端子経由で接続することが可能。

6DoF(Six degrees of freedom)対応として、付属するコントローラ2台とHMD用LEDマーカー1台を用いてVR空間内を動き回れるのが特徴。

LINK本体に約3.6インチの有機ELを2枚搭載しており、解像度は各1,080×1,200で、リフレッシュレートは90Hzとなる。このVRレンズと高性能なCPUを搭載することで、VR視聴画面と体の動きを瞬時に同期することが可能という。本体質量は約560gで、視野角は110度。

なおHTCは、「攻殻機動隊ARISE」とタイアップし、U11およびLINKの発売に合わせてコンテンツを展開することを発表している(関連ニュース)。

関連記事