届いたばかりの新製品や参考出展品も多数

<ポタ研>iFI-AUDIOのエナジャイザー「Pro iESL」が静電型を駆動/AKGのNシリーズに注目集まる

編集部:押野 由宇
2017年07月08日
本日7月8日に東京・中野サンプラザで開催されたフジヤエービック主催のポータブルオーディオ・イベント「ポータブルオーディオ研究会2017夏」(ポタ研)。本記事では、トップウイング/iFI-AUDIO、ハーマンインターナショナル、1more、WAGNUS.の各ブースをレポートする。

トップウイング/iFI-AUDIOのブースでは、AROMAブランドの11.2MHz対応USB-DAC内蔵ポータブルアンプ「Nebula N10」や12ドライバー搭載イヤホン「Witch Girl 12」などの製品を一斉展示。AROMAの新製品については、7月15日(土)から開催のポタフェスに向けて3つのイヤホンを用意する予定という。

AROMAのUSB-DAC内蔵ポータブルアンプ「Nebula N10」

LotooからはDAPシリーズの人気モデルがいつでも試聴できるよう取り揃えられたほか、春のヘッドホン祭り2017などでも参考出展されたLotooとENIGMA acousticsのコラボイヤホン「Dharma D200」については、来週中の発売を予定しているとされた。価格は3万円半ばを予定しているとのこと(関連ニュース)。

「Dharma D200」は来週中の発売を予定しているという

近日の国内発売が予定されているiFI-AUDIO「Pro iESL」も展示。ヘッドホン・エナジャイザーモジュールとして、ヘッドホンアンプやプリメインアンプなどと組み合わせすることで、エレクトロスタティック型やハイインピーダンスのヘッドホンを駆動できるという製品だが、会場ではKING SOUNDの静電型ヘッドホン「H-03」などが試聴できるようになっていた(関連記事1関連記事2)。

写真下が「Pro iESL」

KING SOUNDの静電型ヘッドホン「H-03」と組み合わせた様子

ハーマンインターナショナルはAKGのイヤホン製品を中心に展示。6月17日に発売されたばかりのノイズキャンセリングイヤホン「N20NC」や、「N40/N30」用の純正リケーブル「CN120-3.5」「CN120-2.5」、唯一ヘッドホンとして展示されたBluetoothヘッドホン「N60NC WIRELESS」など、Nシリーズが多く用意された。

ノイズキャンセリングイヤホン「N20NC」

今回唯一のヘッドホン製品として展示された「N60NC WIRELESS」

製品展開について担当者は「Nシリーズを拡充しており、新製品も高く評価いただけている。一方で、ハイエンドモデルについてもご要望をいただいているので、Nシリーズのさらなる展開とともに、K3003の次にあたるモデルなども考えていきたい」とコメントした。

「N40」「N30」用の純正ケーブル「CN120」シリーズ

1moreのブースでは、「E1010」「E1008」「E1001」といった従来モデルにくわえ、届いたばかりという新製品のLightning接続対応ノイズキャンセリングイヤホン「E1004」が参考出展された。再生周波数は20Hz〜20kHzで、最大入力は5mW。価格や発売時期などの詳細はまだ未定とのこと。

従来モデルも多数展示された

「E1004」はLightning接続対応のノイキャンイヤホン

WAGNUS.は、リケーブルのラインナップに新作「Cumulus Air」を追加。同社の「Diamond Dust」シリーズと同様、旧ソ連時代の軍用ワイヤーを採用。銀メッキテフロン導線だが、ビンテージのものを使用しているためやわらかく取り回しがしやすいという。

旧ソ連時代の軍用ワイヤーを採用する「Cumulus Air」

音の傾向は「スッキリ目で、ドライブ感のあるベースと中高域のヌケ感による華のあるサウンド」という。会場では30,000円(税抜)の特別価格で販売されており、レギュラー製品として加わる場合には価格は据え置きもしくは少し上げる程度になる、とのこと。

関連記事