音質向上のための仕様変更

AK×JH AUDIOコラボ「ROSIE」のBAドライバー数は6基でなく8基。表記に誤り

編集部:小澤貴信
2017年06月09日
アユートは、同社が取り扱うAstell&KernとJH AUDIOのコラボレーションモデルとなるユニバーサルタイプ・インイヤーモニター「ROSIE」について、当初は6ドライバーとされていた仕様が、製品版では8ドライバーへと変更されていたことを発表。発売以降、表記に誤りが表示ていたことを陳謝した。

「ROSIE」

「ROSIE」(関連ニュース)については、2015年12月の発表時、搭載BAドライバーを「片側6基の搭載(低域×2、中域×2、高域×2)」と公表していたが、その後、メーカー側でさらなる音質の追求による品質向上を目的に、価格を据え置いたまま「片側8基の搭載(低域×2、中域×2、高域×4)へ仕様変更していた。しかし、この仕様変更が手違いによってアユートに通達されておらず、直近でこの事実が判明したため、今回のタイミングでのアナウンスに至ったという。

なお、アユートが2016年5月27日に発売し国内流通している「ROSIE」については、すべて仕様変更後の、8BAドライバーの製品となっている。

アユートは「ご購入いただきましたお客様におきましては大変ご心配をお掛け致しますが、日本国内に流通しておりますのはすべて、JH AUDIOとして品質・音質のさらなる向上を果たした仕様変更後の製品ですので、何卒ご安心いただきたく存じます。発売から事実確認までに時間を要したことを深くお詫び申し上げます。今後このような問題が発生しないよう再発防止に努めてまいります」とコメントを出している。

関連記事