Campfire Audio製イヤホンと同導体

ALO audio、クライオ処理銀メッキ銅導体採用の4.4mm5極 - MMCXリケーブル

編集部:小澤 麻実
2017年05月24日
ミックスウェーブは、同社が取り扱うALO audioから、4.4mmバランス接続対応リケーブル「Litz Wire Earphone Cable - MMCX - 4.4mm」を5月25日に発売する。価格はオープンだが、21,300円前後での販売が予想される。

Litz Wire Earphone Cable - MMCX - 4.4mm

2.5mm 4極プラグ(関連ニュース)、3.5mm ステレオミニプラグ対応モデルが用意されていたシリーズに、4.4mmプラグモデルも追加されたかたち。

同社CEOであるKen Ball氏が手掛ける「Campfire Audio」製品にも採用されている、クライオ処理を施した銀メッキ銅導体を4本使用。一本一本を編み込んで製作している。外装には医療グレードのPVCジャケットを採用し導体を酸化から保護。MMCXコネクター部はベリリウム銅使用で、品質向上のため独自に改良を加えているという。

ケーブル長は約120cm。対応イヤホンはCampfire Audioの全モデル、SHURE「SE215」「SE315」「SE425」「SE535」「SE846」、Ultimate Ears「UE900s」「UE900」が挙げられている。

関連記事