audio-opusのハイレゾプレーヤーやTAGO STUDIO TAKASAKIのヘッドホンも

<ヘッドホン祭>JAPAEAR初のBA機は5BA搭載/蘭Ears4Uが本国以外のイベントへ世界初出展

編集部:小野佳希
2017年04月30日
中野サンプラザで開幕した春のヘッドフォン祭2017。本稿ではJAPAEAR、Listyc(Ears4U)、audio-opus、TAGO STUDIO TAKASAKIのブースをレポートする。

■JAPAEAR

JAPAEARでは、ヘッドフォン祭開幕日である4月29日からちょうど予約受付を開始した新製品「JE-777-EXG」を中心に展示。さらに、同社としては初めてBAドライバーを採用した5BAドライバー搭載機「JEG-999-5BA」の参考展示も行っている。

JE-777-EXG

「JEG-999-5BA」は兵庫県のG4という会社との共同制作で、発売時期等は現時点では未定。ブースにはケーブルが銀線のモデルと銅線のモデルの2種類を用意し、聴き比べもできるようになっている。「来場者の方からは銅線モデルのほうがウケがいい」(同社スタッフ)とのことだった。

JEG-999-5BA

■Listyc

Listycは、オランダのイヤーモニターブランドEars4U (イヤーズフォーユー)のカスタムIEM2機種を展示。ステージモニター向けのLIVEシリーズ「LIVE 3.6 MULTI BASS IN-EAR MONITORS」「LIVE 3.5 IN-EAR MONITORS」の2モデルを体験できる。

LIVE 3.6 MULTI BASS IN-EAR MONITORS

なお、同ブランドが国内のこうしたイベントに出展するのは今回が初めて。「本国以外のイベントへの出展という意味でも世界初のようだ」(同社スタッフ)という。

ブースの様子

■audio-opus

audio-opusは、ハイレゾプレーヤー「OPUS」シリーズ各モデルを用意。5月6日に発売を控える最新モデル「OPUS#3」を始めとする各モデルを体験できるようにしていた。

OPUS#3

■TAGO STUDIO TAKASAKI

TAGO STUDIO TAKASAKIは、ヘッドホン「T3-01」を展示。販売店舗が従来より拡大しフジヤエービックでの取り扱いも開始された同モデルの魅力を来場者にアピールしていた。

T3-01

関連記事