2017年版新モデルを発表

サムスン、新4K360度ウェアラブルカメラ「Gear 360」。グリップ付き新デザインに

編集部:押野 由宇
2017年03月30日
Samsung Electronicsは、4Kでの全天球撮影が可能なウェアラブルカメラ「Gear 360」(関連ニュース)の、2017年版新型モデルを発表した。

Gear 360の新型モデル

従来モデルが球状だったのに対し、新型モデルでは手持ちで撮影しやすく、またスタンドとしても機能するグリップ部を搭載。本体は三脚やマウントに取り付けることも可能。外形寸法は46.3W×100.6H×45.1mm、質量は130g。

従来モデル

8.4メガピクセルのCMOSカメラを2基搭載する2眼式で、F2.2のレンズを採用。動画撮影では360度デュアルレンズで4,096×2,048(24fps)、シングルレンズで1,920×1,080(60fps)のMP4(H.265)フォーマットで録画が可能。静止画撮影では360度デュアルレンズで5,472×2,736、シングルレンズで2,304×1,296のJPEGフォーマットで撮影が行える。

また1,920×960解像度での360度動画のライブ配信が行えるようになったほか、専用アプリでは360度動画を標準のビデオや写真に変換、アップロードが行える。また360度、ストレッチ、ラウンド、デュアル、パノラマの5モードを切り替え表示できる。

バッテリー容量は1,160mAhで、2,560×1,280(30fps)での録画時で最大130分駆動できる。記録メディアは外付けのMicro SDカードで、256GBまで対応。対応スマートフォンはAndroid OSではGalaxy S8/S8+/S7/S7 Edge/Note5/S6/S6 Edge/S6 Edge+/A5/A7/Android 5.0以降。iPhoneは7/7+/6S/6S+/SEと、iOS 10.0以降の端末。Windows、Macといったパソコンにもソフトウェアにより対応する。

ワイヤレスはWi-Fiが802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)およびWi-Fi Direct、Bluetoothはv4.1に対応する。防滴・防塵性能はIP53レベルを備える。

関連リンク

関連記事