SW320/PD3200U/PD2700Q

BenQ、4K HDR対応31.5型ディスプレイ。HDR非対応4K/32型や27型WQHD機も

編集部:小野佳希
2017年02月23日
ベンキュージャパンは、Adobe RGBカバー率99%を実現した4K HDR対応の31.5型「SW320」と、4K対応の32型「PD3200U」、27型でWQHD解像度の「PD2700Q」の液晶ディスプレイ3モデルを3月17日より順次発売する。

■SW320 ¥OPEN(予想実売価格260,000円前後)3月17日発売

SW320

「SW320」は、フォトグラファー向けの「SWシリーズ」の新モデル。4K(3,840x2,160)に加えHDRにも対応。IGZO技術を有したIPSパネルを採用するほか、ハードウェアキャリブレーションにも対応している。

トゥルー10-bitパネルの採用に加え、Adobe RGBカバー率99%、sRGBカバー率100%を実現。長時間使用するユーザー向けに、ちらつきゼロのフリッカーフリーバックライトを採用し、目に対する負担軽減に配慮している。

写真をモノクロフィルムのように描写するモノクロモードも搭載。写真処理プログラムで実際に調整を行う前に、3つの異なるモノクロプリセットを選んでプレビューできる。

また、異なる色空間のコンテンツを横に並べて同時に表示できるGamutDuo機能も装備。OSDコントローラー(ホットキーパック)も付属し、本体のタッチボタンを使用せずにAdobeRGB/sRGB/モノクロ/Rec.709/DCI-P3/暗室/HDR/校正1,2/ユーザー1,2/CAD/CAM/デザインなど画面モードの選択を行うことができる。

そのほか、縦でも横でも使える遮光フードを付属しエルゴノミクスメニュー設計も採用。端子類にはHDMI、DisplayPort、miniDisplayPortを各1系統搭載している。

■PD3200U ¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)4月7日発売
■PD2700Q ¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)3月17日発売

PD3200U

PD2700Q

「PD3200U」と「PD2700Q」は、クリエイティブ系のプロフェッショナルやデザイナー向けに設計した「PDシリーズ」の新モデル。「PD3200U」は4K対応のIPSパネルを搭載している。

Rec.709対応とsRGBカバー率100%を実現。同社では「広い作業空間で自信を持ってクリエイティブワークに集中できる」とアピールしている。

機能面では、暗い作業環境において、ダークエリアの描写がより鮮明に表示され、高いグラデーション表現を可能にする暗室(ダークルーム)モードや、選択した異なるピクチャーモード(sRGBモード、CAD/CAMモード)のスクリーンイメージのプレビューを一度に済ませることができるDualView(デュアルビュー)モードを新搭載。

また、高さ調整、スウィーベル、ピボット機能なども装備。フリッカーフリー、ブルーライト軽減モードも搭載している。

さらに、4KモデルのPD3200Uでは、本体のタッチボタンを使わずに画面モードの切り替えができるOSDコントローラーや、1つのキーボードとマウスで2つの異なるPCをコントロールすることができるKVMスイッチも新たに搭載するなどしている。

関連リンク

関連記事