「BD-UT3100」など3機種

シャープ、初のUHD-BD再生対応レコーダー。新エンジンとドライブ搭載、EPGも4K化

編集部:風間雄介
2017年02月23日
シャープ(株)は、同社初のUltra HD Blu-ray(UHD-BD)再生対応機器として、BDレコーダー3機種を3月24日に発売する。

最上位の「BD-UT3100」

3機種のラインナップを揃えた

発売するのはHDD容量が異なる3機種で、いずれも地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各3系統搭載している。HDD容量以外の仕様は同じ。

・3TB「BD-UT3100」¥OPEN(予想実売価格12万円前後)
・2TB「BD-UT2100」¥OPEN(予想実売価格10万円前後)
・1TB「BD-UT1100」¥OPEN(予想実売価格9万円前後)

BDXLやBlu-ray 3D、SeeQVaultにも対応。Wi-Fiも内蔵しており、イーサネット端子も備える。外付けHDD接続用のUSB接続端子も装備。HDMI出力は1系統で、ほかに光デジタル音声出力端子1系統も装備する。

本体右下にUltra HD Blu-rayロゴ

前面パネルを開けたところ


横から見たところ

背面端子部
同社では3機種を「高画質映像を追求した4Kテレビのためのレコーダー」と位置づけている。その核になるのがUHD-BDの再生だ。なおドルビービジョンには対応していない。

本機のリモコン

シャープのレコーダーの方向性

新開発の映像処理プロセッサー「4KマスターエンジンBD-PRO」を搭載。これまでのものに比べて処理能力が大幅に向上した。なお、このプロセッサーのベンダーは非公表だが、海外製だという。

新開発の映像処理プロセッサー「4KマスターエンジンBD-PRO」を搭載

4K/60pアップコンバート出力を常時行うことが可能になった

同プロセッサーのパワーを活用し、UHD-BDを再生できるだけでなく、BDソフトの読み込み速度も向上。読み込み速度は、他社製品に比べても速いという。また後述する番組表やGUIの高精細化も、このプロセッサーの採用によって可能になった。

さらに、放送を常時4K/60pにアップコンバートすることも可能。様々なコンテンツを高精細かつ滑らかな映像で楽しめる。

UHD-BD再生対応のドライブも新開発。パイオニアと共同開発したもので、最高回転数が5,000rpmにも達するため、防振スタビライザーの採用によって高速回転時の振動や騒音を抑えた。

スタビライザーを備えた新開発のドライブ(左)と現行ドライブ(右)

スタビライザーの搭載により、5,000rpm時で、現行ドライブに比べて約2.5dBの騒音低減が実現したという。シャープは「5,000回転にもなると、対策をしないとかなり騒音が気になる。これを抑えるためにスタビライザーを採用した。密閉性を高められ、ホコリの引き込みも抑えられることも利点」と説明する。なお読み込み精度とディスク読み取り精度も高まり、読み取り用のLSIも新しいものを採用している。

5,000rpm時で、現行ドライブに比べて約2.5dBの騒音低減が実現した

業界初の4KビジュアルEPG

EPGが4Kになったことも特徴。高い解像度を生かし、多くのチャンネル数を同時に表示することができる。同時表示チャンネル数は5/8/11/14/17チャンネルから選択が可能。フォントも4Kテレビに適したフォントを採用するなどこだわった。

4Kビジュアル番組表を採用

4K EPGの表示イメージ

またEPGで選択した番組が少し大きく表示され、番組内容をわかりやすくする拡大機能も備えている。

さらに細かな工夫として、地上/BS/CSを一画面に表示し、画面を切り替えなくてもそれぞれの番組一覧を確認できるようになった。ただし放送を切り替える機能ももちろん搭載しており、リモコンの「BS」を押すとBS番組が先頭に表示される。

表示チャンネル数は5段階で選択できる

ビジュアルで番組内容を一覧表示する機能も装備


裏番組も顔写真入りでわかりやすく表示

オススメ番組を表示する機能もある
文字情報だけではなく、画像データをふんだんに使っていることもポイントだ。出演者の情報などを写真付きで表示する。なお画像データはGガイド提供のものを使っている。

人名検索画面。出演者の顔写真が表示される

出演者が出ているほかの番組を一覧表示するコトも可能だ

従来からある「ドラ丸」機能も搭載。地上デジタルとBSデジタルの新番組を4週間自動録画する機能で、ドラマだけでなくアニメにも利用できる。

さらに、コンテンツの中で見たいシーンをサムネイルでかんたんに探せる「見どころポップアップ」機能も引き続き採用。このサムネイル画像も4K対応にあわせて高精細化するなど、こだわりの仕様となっている。

おなじみのドラ丸機能も引き続き搭載している

見どころポップアップ機能も踏襲。サムネイル画質が向上した

関連記事