パナビジョンと共同開発「ジェネシス」でも受賞

ソニー、“CineAlta”「F65」などの開発でアカデミー科学技術賞受賞

編集部:川田菜月
2017年02月13日
ソニーは、同社のデジタルシネマカメラ“CineAlta”「F65」と、米パナビジョン社と共同開発したデジタルシネマカメラ「ジェネシス」の開発が評価され、映画芸術科学アカデミーより2017年の科学技術賞を受賞したと発表した。

“CineAlta”「F65」

受賞式は米国ロサンゼルスにて2月11日夜(現知時間)に開催された。映画芸術科学アカデミーはそれぞれの受賞理由について、「F65」は『高画質のイメージセンサーを搭載し、優れたダイナミックレンジで4K映像を表現できる』ことと、『独自の画像処理技術やRAW記録の対応により、圧倒的な高画質を実現している』ことを挙げ、「ジェネシス」については『映画業界における制作用デジタルカメラの草分け的な存在』として評価したとしている。

F65は、同社のデジタルシネマカメラ製品ブランド“CineAlta(シネアルタ)”で展開する、総画素数約2,000万画素の単板8KCMOSイメージセンサーを搭載したデジタルシネマカメラ。レコーダーなど周辺機器との組み合わせによりRAW形式の記録が可能なモデルで、2012年1月の発売以来、映画・CMなど映像制作の現場で使用されている。

ジェネシスは、米パナビジョン社と共同開発したデジタルシネマカメラ。1,240万画素の単板カラーCCDを搭載しており、35mmフィルム用のレンズを直接装着して撮影できる先駆的なデジタルシネマカメラとして、2005年の発表以来現在でも多くの映画撮影に使用されているとのこと。ソニーは主にCCDや画像処理技術の開発で関わっている。

関連記事