専用アプリも用意。Spotifyも

MONSTER、AllPlay対応のハイレゾワイヤレススピーカー「Soundstage」3機種

編集部:風間雄介
2016年12月05日
完実電気は、MONSTERブランドの新製品として、Wi-FiとBluetoothに対応したワイヤレススピーカー“SoundStage”シリーズ3機種を12月8日に発売する。

サイズの小さいモデルから大きいモデルの順に、「SoundStage S1 MINI」「SoundStage S2 SM」「SoundStage S3 MED」の3機種を用意している。価格はオープンだが、S1は39,880円、S2は48,880円、S3は64,880円(いずれも税抜)での販売が予想される。

「SoundStage S1 MINI」

「SoundStage S2 SM」

「SoundStage S3 MED」

ハイレゾもワイヤレス伝送可能な、Qualcommの「AllPlay」プラットフォームに対応したことが大きな特徴。MP3、WAV、PCM、FLACファイルの再生に対応しており、最大192kHz/24bitまでサポートする。マルチルーム再生も行え、複数の部屋で同時に音楽を再生したり、各部屋で別々の再生を行うことも可能だ。

さらにSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスにも対応している。なお、Wi-Fi設定はWPSにより簡単に行える。

設定はiOS/Android向けアプリ「MONSTER SOUNDSTAGE」を使って簡単に行え、プレイリスト作成も同アプリでできるほか、複数のSoundStageで異なる音楽配信サービスを再生するなどといった操作にも対応する。

BluetoothはNFCにも対応。そのほかアナログ音声入力端子も装備しているほか、テレビからの入力用に光デジタル入力も備えている。そのほか、モバイル機器を充電するためのUSB端子も装備する。

S1は3インチミッドベース×2、1インチトゥイーター×2とうユニット構成で、出力は26W。外形寸法は292W×124H×89Dmm、質量は2kg。

S2は4インチミッドベース×1 、2.75インチトゥイーター×2というドライバー構成。出力は55Wとなる。外形寸法は324W×172H×102Dmm、質量は2.2kg。

S3のユニット構成は5.25インチミッドベース×1、2.75インチトゥイーター×2で、出力は75W。外形寸法は、S3が406W×191H×102Dmm、質量は2.9kg。 

関連リンク

関連記事