XTREME/CHARGE3/FLIP3/CLIP2

JBL、Bluetoothスピーカー「XTREME」など4モデルに迷彩柄「スクワッド」

編集部:伊藤 麻衣
2016年12月02日
ハーマンインターナショナル(株)は、同社が取り扱うJBLブランドのBluetoothスピーカー「JBL XTREME」、「JBL CHARGE3」、「JBL FLIP3」、「JBL CLIP2」の新色「スクワッド」を12月10日に発売する。価格はいずれも直販サイト価格で「JBL XTREME」は29,880円(税抜)、「JBL CHARGE3」は17,880円(税抜)、「JBL FLIP3」は10,880円(税抜)、「JBL CLIP2」は6,880円(税抜)。


今回追加されたのは、迷彩柄が特徴的な「スクワッド」。新色の追加により、JBL XTREMEは全4色、JBL CHARGE3とJBL CLIP2は全6色、JBL FLIP3は全9色と豊富なカラーバリエーションが揃う。

JBL XTREME(関連ニュース)は、35mmトゥイーターと63mmウーファーを搭載した2ウェイスピーカー構成を採用。加えて、パッシブラジエーターも搭載する。Bluetooth規格はVer.4.1、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応。10,000mAhの内蔵バッテリーにより、約3.5時間の充電で、約15時間の連続再生を実現。電力供給専用のUSBポートを備え、スマホやタブレットのモバイルバッテリーとしても使用可能だ。また、スプラッシュプルーフ(IPX5相当の防水機能)を備え、アウトドアや水回りでも安心して使用できる。

JBL CHARGE3(関連ニュース)は、耐久性の高い素材と頑丈な筐体を3次元曲面にデザインすることで剛性を高めている。特徴的なチューブ型のボディには、50mm口径のドライバー2基とパッシブラジエーターを搭載。最大出力は20Wを備える。内蔵バッテリーの容量は6,000mAh。約4.5時間の充電で、最大20時間のワイヤレス連続再生に対応する。本機も、スマホやタブレットの充電が可能だ。防水性能は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないとされるIPX7に対応する。

JBL FLIP3(関連ニュース)は、40mm口径のドライバーを2基とパッシブラジエターを搭載。約3.5 時間の充電で、約10時間以上の連続再生が可能だという。IPX5相当の防水性能を備える。

JBL CLIP2(関連ニュース)は、94W×141H×42Dmm・184gと小型軽量なボディに40mm口径のフルレンジスピーカーとパッシブラジエターを搭載する。出力は最大3W。カラビナを備えており、カバンやズボンに引っかけることができる。約2.5時間の充電で、最大8時間の連続再生に対応。防水性能はIPX7相当。

関連リンク

関連記事