映画のワーナーやHBOなども傘下に

AT&Tがタイム・ワーナーを買収。総額854億ドル、モバイル動画サービス強化

編集部:風間雄介
2016年10月23日
米通信大手のAT&Tは現地時間22日、メディア大手のタイム・ワーナーを買収すると発表した。買収総額は854億ドル(約8.86兆円)。


タイム・ワーナーは、傘下にテレビ局「CNN」「HBO」やハリウッド映画のワーナー・ブラザース、ニュー・ライン・シネマなどを抱える複合メディア企業。

タイム・ワーナーを買収するAT&Tは米通信大手で、携帯電話サービスや固定電話、ブロードバンドサービスなどを手がける。ペイTVのプロバイダー世界最大手でもある。

今回の買収により、AT&Tはモバイルでの動画サービスを強化する。これまでの伝統的なエンターテイメント・モデルを破壊し、ユーザーの利益のため、従来のモバイルコンテンツの限界を超えていくと表明。人気VODサービス「HBO Now」や、今後スタート予定のOTTサービス「DIRECTV NOW」なども活用していく。

ユーザーがモバイルで動画視聴する際の料金体系なども整備し直す。広告モデルとサブスクリプションモデル、2つのビジネスモデルを活用することで、ユーザーに大量の優れたコンテンツを最適な価格で提供することを目指す。

AT&T 会長兼CEOのRandall Stephenson氏は、今回の買収について「両企業にとって完璧なマッチング。メディア産業と通信産業が、顧客やクリエーター、販売代理店、広告主に対していかに機能するかということについて、フレッシュなアプローチをもたらすことができる」とアピールしている。

AT&T 会長兼CEOのRandall Stephenson氏

「プレミアムなコンテンツは常に勝利する。これは大画面、テレビ画面ではすでに真実となっているが、現在モバイルスクリーンにおいても証明されつつある。我々は世界最高のプレミアムコンテンツを持っており、それをすべてのスクリーンに配信するネットワークも持っている。ユーザーはコンテンツにお金を払っても、手持ちデバイスの全てでコンテンツにアクセスできないことに苦痛を感じている。我々のゴールはそれを解決することだ」ともStephenson氏は述べている。


関連記事