ATOMIC FLOYDは2年ぶり新イヤホンを参考出展

<ヘッドホン祭>iFI-Audio、USB用ノイズ対策アクセサリー/HIFIMAN、5万ドルの静電型ヘッドホン&アンプ

編集部:小澤貴信
2016年10月22日
本日22日より開幕したフジヤエービック主催「秋のヘッドホン祭2016」。本記事ではTOPWING Cybersound Group、HIFIMAN JAPAN、KEFATOMIC FLOYD/TUNEWEAR、YOGAの各ブースの模様をお伝えする。

TOPWING Cybersound Group

TOPWING Cybersound Groupは、同社が取り扱うiFI-Audio、M2TECH、KINGSOUND、AROMAなどの各ブランドの各製品を多数出展した。ここでは特に最新製品や参考出展製品についてピックアップする。



iFI-Audioからは、本日より発売のノイズ対策アクセサリー「iPurifier SPDIF」と「iPower」が出展された。「iPurifier SPDIF」は、同軸デジタルと光デジタルに両対応するノイズアイソレーター、「iPower」はアクティブ・ノイズ・キャンセレーション技術などを備えたオーディオ向けDC電源アダプターとなる。



また、「iSilencer」と「iDefender」も参考出展された。「iSilencer」は、同社のアクティブ・ノイズ・キャンセレーション機能を備えたUSB用ノイズ対策アクセサリーで、USBケーブルとUSB機器の間に用いる。「iDefender」は、グラウンド・ループに起因するノイズを対策するためのUSB用アクセサリー。こちらはパソコンやオーディオ機器の空いているUSB端子に挿すだけで効果があるという。いずれも価格や発売時期は未定とのことだ。


AROMAからは、4ウェイ12ドライバー構成ユニバーサルイヤホン「Witch Girl 12」の量産モデルが出展された。BAドライバー12基を搭載し、低域×4、中域×基、高域×2、超高域×2という4ウェイ構成を採用する。本機は12月下旬の発売を予定している。


同じくAROMAからは「Witch Girl Pro」「Witch Girl S」用の2.5mm 4極バランスケーブル、「Flaming Wand “Karine”」(Witch Girl Pro用)と「Icicle Wand “Sera”」(Witch Girl S用)も出展。こちらは本日22日より発売となる。


M2TECHからは、「EVO PHONODAC TWO」が登場。本機はフォノプリアンプおよびA/Dコンバーター、さらにはD/Aコンバーターを搭載。アナログレコードをデジタル化し、デジタル領域でEQカーブなどの各種処理を行い、D/A変換して出力するという使い方ができる。



HIFIMAN JAPAN

HIFIMAN JAPANは事前の予告通り、米国では5万ドル前後で販売予定という、静電型ヘッドホンと専用アンプのセット「SHANGRI-LA」を出展した。静電型ヘッドホンには、ナノテクノロジーを利用した超薄型ドライバーを搭載。サブマイクロメートル級の薄さの振動板にナノ粒子を均一分布させ、「ほぼゼロの歪率、超高速応答を実現した」としている。


また、昨日21日より発売された「HE1000 V2」と「Edition X V2」も出展。それぞれ「HE1000」と「Edition X」をベースにして細部を改良。振動板など基本はそのままに、ケーブルや本体の仕上げを変更、イヤーパッドの改良で装着感の向上を図るなどしたモデルとなる。




KEF

KEFはオンイヤー型ヘッドホン「M400」や、カナル型イヤホン「M100」を出展。Bluetoothスピーカー「MUO」については、ステレオ使用するための2本組パッケージをアピールしていた。




ATOMIC FLOYD/TUNEWEAR

ATOMIC FLOYDからは、ダイナミック型イヤホン「HiDefDrum 2」が参考出展された。本機は同ブランドのロングセラーモデル「HiDefDrum」の後継モデル。本機の特徴であるチェンバーの形状を変更するなど、大幅な改良を施している。発売は12月を予定している。


TUNEWEARからは、6,980円という価格でIPX4防水/aptX対応を実現するBluetoothイヤホン「TUNEWEAR TW1」のホワイトモデルが参考出展。11月下旬の発売を予定している。


また同ブースでは、MOPHIEというブランドのバッテリー内蔵イヤホンケースが出展されていた。イヤホンケースの中にバッテリーとUSBケーブルが内蔵されており、Bluetoothイヤホンなどを収納しつつ充電できるというスグレモノ。バッテリー容量は1,400mAhとなる。



YOGA

YOGAは台湾のヘッドホンブランド。1985年にマイクロフォン製造を開始し、その後にヘッドホンのOEM/ODMを手がけ、自社ブランドを立ち上げるに至った。日本には来年上陸する予定とのことで、その際の目玉商品に据える平面駆動型ヘッドホンを出展。名称は未定で、開放型モデルと密閉型モデルを用意。価格は6〜7万円になる予定で、音質の良さはもちろん、平面型としては非常にリーズナブルな価格を実現したことが特徴になると紹介されていた。



ほかにも、ウッドハウジングを採用した「CD-2500」をはじめハイレゾ対応ヘッドホンが複数などが出展されていた。なお、同社は全てのヘッドホンをパーツから自社開発・自社製造しているという。

関連記事