BluetoothモデルはaptX/AAC対応

オーディオテクニカ、Bluetooth/ハイレゾ対応ヘッドホン「ATH-AR5BT」など5機種

編集部:川田菜月
2016年10月13日
オーディオテクニカは、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとした“Sound Reality series(サウンドリアリティシリーズ)”より、ヘッドホン5機種を11月25日に発売する。ラインナップは以下のとおり。

ATH-AR5BT ¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
ATH-AR5 ¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
ATH-AR3BT ¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)
ATH-AR3 ¥OPEN(予想実売価格6,000円前後)
ATH-AR1 ¥OPEN(予想実売価格4,000円前後)

全機種とも折りたたみ可能で、コンパクトで持ち運びに便利なモデル。型番後ろにBTとつくモデルは、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンとなる。


ATH-AR5BT
ATH-AR5BTは、専用設計されたφ45mmドライバーを搭載するアラウンドイヤータイプのヘッドホン。伸びのある高域からレスポンスの良い低域まで再生可能だという。

Bluetoothのバージョンは4.1、プロファイルはA2DP/AVRCP/HEP/HSP、コーデックはaptX/AAC/SBCに対応し、高音質なワイヤレス再生を実現するという。

ATH-AR5

長さ1.2mのケーブルが付属し、通常ヘッドホンとしての使用も可能。有線接続時はハイレゾ音源の再生にも対応する。なお、Bluetooth経由でハイレゾ音源を再生する際は、aptX/AAC/SBCコーデックに変換される。

音楽の再生/停止や通話/終話などは、耳元のイヤーカップに配置されたボタン類で操作できる。NFC機能も採用し、対応スマートフォンなどとワンタッチでペアリングが可能。

再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは39Ω、出力音圧レベルは100dB/mW。充電時間は約5時間、連続ワイヤレス再生は約30時間となる。

ケーブルのプラグ部はL型の3.5mm金メッキステレオミニ。そのほか付属品として充電用のUSBケーブルとポーチを用意する。質量は約242g。

カラーは、スティールブラック/メタリックシルバー/ボルドーレッド/ターコイズブルーの4色展開となる。


ATH-AR5
ATH-AR5は、上述のBluetoothモデルと同じくハイレゾ再生に最適な設計が施されたというφ45mmドライバーを搭載し、高解像度な再生を可能にするとしている。

再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは36Ω、出力音圧レベルは100dB/mW。カラーはスティールブラック/ボルドーレッドの2色展開となる。

ATH-AR5

付属品にスマートフォン用コントローラー付きの着脱式ケーブルを付属。プラグ部は3.5mm金メッキ4極ミニを装備する。質量は約222g。



ATH-AR3BT
ATH-AR3BTは、新設計のφ40mmドライバーを搭載したワイヤレスヘッドホン。クリアな中高域とメリハリのある低域を再生するとしている。

上位機種のATH-AR5BTと同じく、BluetoothはVer.4.1を搭載。プロファイルはA2DP/AVRCP/HEP/HSP、コーデックはaptX/AAC/SBCに対応する。

ATH-AR3BT

音楽再生や通話などの操作も、ATH-AR5BTと同様に耳元のイヤーカップ部で操作可能。NFCにも対応する。

再生周波数帯域は5Hz〜35kHz、インピーダンスは41Ω、出力音圧レベルは97dB/mW。充電時間は約5時間、連続ワイヤレス再生は約30時間となる。

長さ1.2m、L型の3.5mmステレオミニプラグ装備のケーブルを付属し、有線接続で通常ヘッドホンとしての使用も可能。その他、充電用USBケーブルも付属する。質量は約190g。カラーは、ブラック/ゴールドとホワイト/シャンパンゴールドの2色展開となる。


ATH-AR3
ATH-AR3は、上述のBluetoothモデルと同じくφ40mmドライバーを搭載するオンイヤースタイルのヘッドホン。内部に音の歪みを抑えるトップマウントPCB方式、ボビン巻きボイスコイルを採用し、鮮明で豊かなサウンドを実現するとしている。

ATH-AR3

ケーブルは着脱式

再生周波数帯域は5Hz〜35kHz、インピーダンスは32Ω、出力音圧レベルは97dB/mW。質量は約170g。長さ1.2m、L型の3.5mmステレオミニプラグ装備のケーブルを付属する。カラーはブラック/ホワイト/レッド/ディープブルーの4色を展開。



ATH-AR1
ATH-AR1は、軽量でコンパクトなオンイヤースタイルのヘッドホン。内部にはφ40mmドライバーを搭載、トップマウントPCB方式を採用し音の歪みを抑えて高音質再生を実現するとしている。

長時間使用でも疲れにくいライトウェイト設計を採用し、質量は約110gと軽量。長さ1.2m、L型の3.5mmステレオミニプラグ装備のケーブルを付属する。

ATH-AR1

本体は軽量でコンパクトに折りたたみ可能。ケーブルは着脱できないタイプ

再生周波数帯域は5Hz〜30kHz、インピーダンスは47Ω、出力音圧レベルは103dB/mW。カラーは、ブラック/シルバーホワイト/メタリックレッド/ターコイズブルーの4色を展開する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-AR5BT
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-AR5
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-AR3BT
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-AR3
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格6,000円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-AR1
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格4,000円前後)

関連記事