BT/Wi-Fi搭載オールインワンシステム

ヤマハ、独自ネットワーク再生MusicCast対応の“インテリア”オーディオ「ISX-18」

編集部:杉浦 みな子
2016年09月13日
ヤマハ(株)は、インテリア性を高めた一体型オーディオシステム“Restio”の第5弾モデルとして、同社のネットワーク再生機能“MusicCast”に対応する「ISX-18」を、10月上旬に発売する。価格は45,000円(税抜)。カラーは、インテリアにあわせて選べるホワイトとブラックの2色をラインナップする。

ISX-18

BluetoothとWi-Fiを経由したワイヤレスでの音楽再生に対応し、インターネットラジオ、FMラジオの聴取も行えるオールインワンタイプのオーディオシステム。ディスプレイに時刻表示が可能でクロックとして使用でき、アラーム機能も搭載している。

2色をラインナップ

使用イメージ

本体サイズは195W×195H×60Dmmで、Restioシリーズの中ではコンパクトなモデル。フレームはアルミ削り出しで、角に継ぎ目のない一体フレームにサンドブラスト加工を施している。さらに、フロントグリルには1枚の鉄板を加工した立体感のあるエキスパンドメタルを採用するなど、質感とディテールにこだわった作りとしている。棚置きのほか、壁掛け設置もできる。

スピーカー部の仕様は、5cmウーファーと2.5cmトゥイーターを搭載する2ウェイ・2スピーカー構成。バスレフポートも装備しており、コンパクトなサイズながら豊かな低域再生を楽しめるようにしている。

本体にはWi-Fiを内蔵し、ネットワーク経由で家庭内のPCやNASに保存されている音楽ファイルを再生可能。ネットワーク経由で、192kHz/24bitまでのWAV/FLAC/AIFF、96kHz/24bitまでのALAC再生をサポートしている。また、AirPlay機能にも対応している。vTUNERやRadiko.jpなどインターネットラジオの聴取も行える。

さらに、ヤマハ独自のネットワーク再生機能“MusicCast”にも対応しており、他の部屋にある“MusicCast”対応のAVアンプやレシーバーと連携させて、本機から音楽再生を楽しむこともできる。

操作に関しては、ヤマハが無償提供するアプリ「MusicCast CONTROLLER」を使用して、スマホ/タブレットから手軽に音楽再生のコントロールが可能。また、本アプリからはFMラジオの選局、時計・アラーム設定なども行える。

Bluetooth機能はver2.1+EDRに準拠し、プロファイルはA2DP/AVRCP、コーデックはSBC/AACをサポートする。なお受信機能だけでなく、Bluetooth送信機能も搭載しており、Bluetoothヘッドホン/スピーカーなどの外部機器へ本機から音声をワイヤレス送信することもできる。

【問い合わせ先】
ヤマハお客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
TEL/0570-01-1808(ナビダイヤル)
TEL/053-460-3409(携帯電話、PHS)
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドYAMAHA
  • 型番ISX-18
  • 発売日2016年10月上旬
  • 価格¥45,000(税抜)
【SPEC】<レシーバー部>●最大出力(JEITA):ウーファー10W (100Hz 10% THD)、ツィーター10W (10kHz 10% THD) <スピーカー部>●スピーカーユニット:5cmウーファー×1、2.5cmツィーター×1 ●再生周波数帯域:65Hz〜20kHz <Bluetooth> ●バージョン:Ver 2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP、AVRCP ●対応コーデック:SBC、AAC ●対応コンテンツ保護:SCMS-T ●無線出力:Bluetooth Class2 ●最大通信距離:10m(障害物が無いこと)●チューナー:ワイドFMチューナー(プリセットメモリー30 ※MusicCast CONTROLLERを使用して登録。)●消費電力:10W ●待機時消費電力:0.2W(ネットワークスタンバイOFF、BluetoothスタンバイOFF時)、1.9W(ネットワークスタンバイON、BluetoothスタンバイON、Wi-Fi ON時)●外形寸法:195W×195W×60Dmm ●質量:1.1kg

関連記事