「ツイステッドフレアポート」採用

ヤマハ、A-YSTII方式サブウーファーのエントリー機「NS-SW050」

編集部:風間雄介
2016年09月14日
ヤマハ(株)は、A-YSTII方式を採用したサブウーファーのエントリー機「NS-SW050」を9月下旬に発売する。価格は20,000円(税抜)。

「NS-SW050」左:ブラック 右:ウォルナット

ヤマハ独自のA-YSTII方式を採用。空気そのものを振動板として利用することで、コンパクトな筐体でも強力な低音再生を可能にする方式だ。

A-YSTII方式の概略図

また、独自の「ツイステッドフレアポート」を搭載。入り口から出口に向かってポートの広がり方を変化させ、さらにひねりを加えることで、ポート両端での気流の乱れを減少させ、風切り音や音の濁りを抑える技術となる。

ツイステッドフレアポートを搭載

内部には20cmウーファーを搭載する。コーン紙はケブラー繊維とマニラ麻を配合したもので、本機専用に音質チューニングを施した。パワーアンプはフルディスクリート構成で、総合出力50Wを確保している。再生周波数帯域は28Hz〜200Hz。

入力はRCA端子1系統。ほかに音量調整つまみ、LEDインジケーターを背面に備える。

本体色はブラックとウォルナットの2色を用意。同社のスピーカー「NS-F350」「NS-P350」とカラーコーディネートを統一できるとしている。

外形寸法は291W×292H×341Dmm、質量は8.5kg。
新着記事を見る
  • ジャンルサブウーファー
  • ブランドYAMAHA
  • 型番NS-SW050
  • 発売日2016年9月下旬
  • 価格¥20,000(税抜)
【SPEC】●型式:アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジーU(A-YST U)●出力:50W(100Hz、5Ω 10% THD)●再生周波数帯域:28Hz〜200Hz ●スピーカーユニット:20cmコーン型(非防磁)●入力端子:RCAピンジャック ●消費電力:30W ●外形寸法:291W×292H×341Dmm ●質量:8.5kg

関連記事