クリスタルケーブルによるリケーブル参考出展も

<ポタ研>AKシリーズ用ケースがサードパーティからも/ラディウス “ドブルベ”をAKと組み合わせ

編集部:小野佳希
2016年07月30日
フジヤエービック主催のポータブルオーディオ関連イベント「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)」が、7月30日に東京・中野サンプラザ15階で開幕した。本稿では、Astell&Kern、アユート、ラディウスの出展をレポートする。

AK70

アユートは、Astell&Kernのブースと、BURSON/DITA/Chord/Master&Dynamicを展示するアユートのブースといったように2箇所にブースを展開。それぞれで製品展示を行っている。

まずAstell&Kernでは、最新モデル「AK70」を始めとしたAKシリーズを中心に製品を展開。サードパーティ製のAK70専用ケースが登場予定であることもアナウンスしている。

サードパーティ製のAK70用ケースが各種登場予定

こちらはAK70とCHORD「mojo」を重ねて使用する際の専用ケース

また、クリスタルケーブルによるリケーブル「Crystal Cable Next」のFitEarモデルも参考出展。「価格や発売日などの詳細はもうすぐ正式発表する予定」(同社スタッフ)とのことだった。

「Crystal Cable Next」のFitEarモデルも参考出展

アユートブースのほうでは、Master&Dynamicのヘッドホン「MH40」の新たなカラーバリエーション「アルカンターラ」などを参考出展。Chord「Mojo」やDITA「DITA BRASS」、BURSON AUDIO「Conductor V2+」といった各種製品も展示していた。

Master&Dynamic「MH40」アルカンターラ仕上げ

mojoを熱心に試聴する来場者の姿も。機材が凄い


ラディウスでは、“ヌメロキャトル”「HP-TWF41」」と“ヌメロトロワ”「HP-TWF31」といった“W(ドブルベ)”シリーズを中心に展示。ドブルベは、Astell&KernのAKシリーズおよびWAGNUS.のリケーブルと組み合わせての試聴ができるようにしていた。

ドブルベをAKシリーズおよびWAGNUS.のリケーブルで試聴可能

複数の組み合わせを試すことができる

関連記事