映像とログ情報を同時記録

オリンパス、ログ機能対応の超広角4Kアクションカム「STYLUS TG-Tracker」

編集部:川田菜月
2016年05月24日
オリンパス(株)は、対角線画角204度の超広角レンズを搭載し、映像とログを同時記録できる4K撮影対応のアクションカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-Tracker」を6月下旬に発売する。カラーはグリーンとブラックの2色。価格はオープン。

グリーン

ブラック

同社の"STYLUS TGシリーズ"は、防水・防塵・耐衝撃・耐低温・耐荷重の5つの性能を備えたカメラシリーズ。

本製品は5つの性能に加えて、GPS、気圧、温度、方位、加速度の5つのセンサーからなる「フィールドセンサーシステム」を搭載し、動画・静止画の映像と同時に、位置/標高や、気温/水温などのログを記録することができる。取得した情報は、本体に搭載する1.5型液晶モニターに表示させることができる。

Wi-Fiを内蔵しており、専用のスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Track」を使って連携させることで、撮影画像・動画とログ情報の転送を容易に行うことができるという。また、映像と同時にログ情報を表示させることも可能。アプリを使用したリモート操作や、記録したログ情報から移動距離、速度の算出などもできる。

専用アプリでスマートフォンと連動

レンズは、同社で培われた光学技術を用いて開発した、対角線画角204度の超広角レンズを搭載。画像処理エンジンには、ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN」などにも採用している「TruePic VII」をベースに、4K動画撮影にも対応した「TruePic VII for 4K」を搭載し、最大で4K/30p、1080/60pの撮影が可能。最大撮影時間は29分。

ヘッドライトを内蔵しており、暗所での撮影にも対応する。電源OFF時でもInfoボタンの長押しで点灯し、単独でライトとしても使用可能。その他、連続撮影が可能となる「ループ記録」や、定点観測ができる「タイムラプス」などの機能が備わる。

本体のサイズは、様々なアングルからの撮影に対応できるよう、コンパクトなデザイン。手持ち撮影時に便利なグリップや、前面に小型ミラーを備えたマウントカップリング、水中撮影用のプロテクターなどを同梱する。

外形寸法は、35W×56.5H×93.2Dmm、質量は180g。

関連記事