<ヘッドホン祭>SOUND WARRIORの真空管ヘッドホンアンプ/NOBUNAGA Labsの2.5mmリケーブルなど

編集部:伊藤 麻衣
2016年04月29日
4月29日・30日に、中野サンプラザで開催されている「春のヘッドホン祭2016」。本記事では、SOUND WARRIOR/ワイズテック(NOBUNAGA Labs)/Juice Bar/mimimamo/バンナイズ ブースの模様をお伝えする。

■SOUND WARRIOR

SOUND WARRIORでは、先日発表されたばかりの真空管ヘッドホンアンプ「SWD-HA10」と、ヘッドホン「SW-HP20」が展示されている。両機ともに発売日および価格は未定。

ブースでは真空管ヘッドホンアンプ「SWD-HA10」と、ヘッドホン「SW-HP20」、USB-DAC「SWD-DA20」の展示・デモが行われている

「SWD-HA10」は、プリ段に真空管12AU7を1本、パワー段に出力15WのD級アンプを2基搭載したハイブリッド構成のヘッドホンアンプ。ヘッドホン出力端子はφ6.3mm標準プラグに加え、3pinタイプのXLR端子も搭載し、バランス出力にも対応する。

「SW-HP20」はφ40mmのダイナミックドライバーを搭載した密閉型ヘッドホン。ハイレゾ対応ではないが、ドライバーの選定はハイレゾ音源の再生を意識して行っており、再生周波数は10Hz〜35kHzをサポートする。ケーブルは両出しタイプの着脱型で、バランス(XLR(3pin)端子)ケーブルと、アンバランス(φ6.3mmステレオ標準端子)ケーブルが付属する。また7月頃にφ3.5mmステレオミニプラグ仕様のケーブルを発売予定。SW-HP20とXLRケーブルとのセットも販売されるという。

ほかにも、4月に発売されたDSDとPCMを相互変換/アップコンバートできるUSB-DAC「SWD-DA20」も出展されている。

■ワイズテック

ワイズテックのブースでは、本日29日に発売されたPai audioのイヤホン「PAI-MR3」「PAI-DR1」「3.14 FLAT」と、明日30日に発売されるNOBUNAGA Labsの2.5mm4極バランス出力/MMCX対応リケーブル「BL-AKX1」を展示している。価格はいずれもオープンだが、「PAI-MR3」は24,200円前後、「PAI-DR1」は6,640円前後、「3.14 FLAT」は2,420円前後、「BL-AKX1」は7,200円前後での実売が予想される。

「PAI-MR3」

「PAI-DR1」

「3.14 FLAT」

「PAI-MR3」は、BAドライバーを3基搭載したセミオープンタイプのイヤホン。「PAI-DR1」はダイナミックドライバーを搭載したセミオープンタイプのイヤホンだ。「3.14 FLAT」は16mm CCAWダイナミックドライバーを搭載したオープンタイプのイヤホンとなる。PAI-MR3とPAI-DR1はMMCX端子を採用しており、ケーブルの着脱式が可能となっている。

「BL-AKX1」は、2.5mm4極バランス出力に対応したリケーブルのエントリーモデル。ケーブルはOFC銀メッキ4芯を編み込み、48時間のクライオ処理を施している。イヤホン側のコネクターにはMMCXを採用する。

「BL-AKX1」は、ブラック/シルバー/ブルーの3色が勢揃い

また、同社オリジナルブランド“MUTORY(ムトリ)”のカスタムIEM対応イヤホンケース「MT-CS20」も展示されていた。

「MT-CS20」

■Juice Bar

Juice Bar(ジュース・バー)は、本日29日に発売を開始したVenture Electronicsのイヤホン「VE MONK」「VE ASURA」や、LavricablesのLightningケーブル「Pure Solid Silver Lightning Cableシリーズ」を展示。

Venture Electronicsのイヤホン

LavricablesのLightningケーブルは、Mojoを使っての試聴が可能

また、Venture Electronicsの新イヤホン「VE ZEN」「VE DUKE」、2.5mm4極バランス仕様の「VE ASURA」に加え、Dongguan Digcueから、ダイナミックドライバーを2基搭載した「DUA-100」、BAドライバーとダイナミックドライバーを1基ずつ搭載した「HB100」、BAドライバーを2基搭載した「BA100-2」、3基搭載した「BA100-3」、4基搭載した「BA100-4」を参考出展している。

中国Dongguan Digcueのイヤホン

■mimimamo

mimimamoでは、ヘッドホンのイヤーパッドに装着するカバー「mimimamo」を展示。今年もキャンペーンを行っており、mimimamoのヘッドホン対応表に載っていないヘッドホンを持って行ってテストすると、そのまま製品がプレゼントされる。

取材中、来場者がヘッドホンを持参。早速テストが行われた

ブースには「mimimamo」を装着したヘッドホンが多数並べられている

ほかにも音楽に関するアンケートを行っており、回答者にはmimimamoが当たるかもしれない“くじ引き”が用意されている。

■バンナイズ

ヘッドホン/イヤホンファンのあいだでは定番的な人気を誇るバンナイズは、DAPのケースやイヤホンケースを展示。ユーザーによって異なるDAPの使用スタイルに対応できるよう、多種多様なケースを用意している。イヤホンケースは仕切りがマジックテープで着脱でき、自分好みにカスタマイズ可能となっている。

多くのDAPケースが展示されている

イヤホンケースは仕切りを好みの位置に設置可能

関連記事