系列販売店中心での販売

日立、4K対応テレビ“WOOO”「L55-ZP3」。HDD内蔵/iVDRへの自動ムーブも

編集部:小野佳希
2016年03月29日
日立コンシューマ・マーケティング(株)リビングサプライ社は、55型の4K液晶パネルや1TBの録画用HDDを搭載した液晶テレビ“WOOO”「L55-ZP3」を3月下旬に発売する。日立の系列販売店を中心として販売され、価格は58万円(税抜)。

L55-ZP3

4K(3,840×2,160)解像度のIPS液晶を搭載。なお4Kチューナーは内蔵していないため、4K放送を視聴する場合には別途で市販の4K放送チューナーが必要。テレビチューナーは地デジ/BS/110度CSを3基搭載している。

1TBのHDDを内蔵し、同HDDへの番組録画が可能。裏番組録画にも対応し、ダブル長時間録画機能も備えている。

録画機能では、外付けのUSB-HDDや、iVDRカセットも利用可能。内蔵HDDに録画した番組をUSB-HDDやiVDRカセットに自動ムーブすることができる。なお、USB-HDDおよびiVDRへの直接録画は行えない。また、iVDRは専用スロットではなくUSB端子経由で接続する形で、USB端子が1つのため、iVDRとUSB-HDDを同時に使用することはできない。

映像処理エンジンは「Picture Master」で、超解像技術も搭載。ハイブリッドキャスト機能も搭載するほか、アクトビラやTSUTAYA TV、スカパー!プレミアムサービスLinkなどにも智罃する。

HDMI端子は4系統を装備。うち2系統(HDMI3/4)が4K映像伝送に対応し、HDMI3はARCにも対応している。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドHITACHI
  • 型番L55-ZP3
  • 発売日2016年3月下旬
  • 価格¥580,000(税抜)
【SPEC】●サイズ:55型 ●画素数:3,840×2,160 ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×3 ●音声実用最大出力:10W+10W ●接続端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、音声入力×2、光デジタル音声出力、USB×1、ヘッドホン×1、LAN×2 ●消費電力:207W(待機時0.15W) ●外形寸法:1,240W×775H×252Dmm(スタンド含む) ●質量:18.9kg(スタンド含む)

関連記事