今夏に実施

TOKYO MXとアクトビラ、地デジからハイブリッドキャスト経由でのIPマルチキャスト4K配信実験

編集部:小野佳希
2016年03月25日
TOKYO MXとアクトビラは、地上デジタル放送からハイブリッドキャストを経由してのIPマルチキャストによる4K映像配信サービスの共同実験を、今夏に実施する。


新たな4K映像配信サービスの実現に向けた実験。この実験を通じて「2K地上デジタル放送からハイブリッドキャストを経由し、4KIPマルチキャスト配信へシームレスに映像を切りかえるための技術」「テレビ地上デジタル放送・衛星デジタル放送の映像送出設備を改修することなく4K映像を配信するためのIPマルチキャスト配信技術」という2点の課題検討を行う。

実験では、今後商品化が期待される新規格のスマートテレビを利用。また、NTT東日本のIPv6等に関する技術協力のもと、IPマルチキャスト配信網としてフレッツ・キャストを使用する。

フレッツ・キャストは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」(コラボ光含む)の契約者へインターネットを経由せずにデータを届けるサービス。SNI インタフェースを利用し、IPv6 プロトコルを使ったユニキャスト/マルチキャスト通信、帯域確保型通信が可能。

関連記事