29日開始のアップデートにて

東芝、“4Kレグザ”「J20X」「G20X」がSeeQVaultや4Kアクトビラに対応

編集部:小澤貴信
2015年10月28日
東芝は液晶テレビ“4Kレグザ”「J20Xシリーズ」(関連ニュース)、「G20Xシリーズ」(関連ニュース)について、「SeeQVault」「レグザリンク・ダビング」「4Kアクトビラ」に対応するバージョンアップ用ソフトウェアを10月29日よりダウンロード配布する。

「G20X」シリーズ

「J20X」シリーズ

SeeQVault対応により、SeeQVault対応のUSBハードディスクやSDカードに記録した録画番組を、他のSeeQVault対応レグザやレグザブルーレイで再生することが可能となる。レグザリンク・ダビングへの対応で、録画した番組をレグザブルーレイにダビング、さらにはBDへのムーブができるようになる。4Kアクトビラは、アクトビラによる4KコンテンツのVODサービスとなる。

放送波によるソフトウェアダウンロードの方法はこちら。インターネット経由でのダウンロード方法はこちらで紹介されている。

【本件に関する問い合わせ先】
東芝テレビ相談センター
TEL/0120-97-9624

関連記事