今春発売予定

<CES>ニコン初の360度4Kアクションカム「KeyMission 360」参考出展

編集部:杉浦 みな子
2016年01月06日
米ラスベガスで現地時間1月6日〜9日に開催される「2016 International CES」にて、ニコンは同社初のアクションカメラ「KeyMission 360」を参考出展した。

KeyMission 360

ブースでKEYMISSION 360を紹介

KeyMission 360は、カメラのフロントとリアそれぞれに4K撮影対応の撮像素子とNIKKORレンズを搭載し、360度の全方位映像を撮影できるウェアラブルアクションカム。ニコンが培ってきた光学技術や画像処理技術を備え、4K解像度の高精細な360度映像が撮影できるとしている。

アタッチメントに取り付けたところ

上から見たところ。対向したレンズを搭載していることがわかる

水深30mまで対応する防水性能のほか、耐衝撃・耐寒・防塵性能を備える。本体は堅牢性も高めつつ、デザイン性にも配慮した作りで、アウトドアスポーツやレジャーシーンにおける様々な撮影環境に対応できる操作性と携帯性を備えると同社ではアピール。豊富な専用アクセサリーもラインナップしているとのことで、今春発売を予定している。

豊富な専用アクセサリーやアタッチメントも用意する

また、1月5日にラスベガス現地で開催された先行発表会において、同社は今後の映像事業の方向性について「お客様の心を躍らせる優れた技術開発への注力」「いままでにない映像の楽しみ方を提案する製品の開発」「IoTがもたらす機器相互接続の世界とニコン製品の連係」という3つのキーメッセージを発信した。

ニコンの創立100周年を迎える2017年7月を節目として、次の100年に向けて新たな映像表現の楽しみ方を提案できるよう、長年にわたり培ってきた光学技術をベースに、これからも市場のニーズに応えた製品開発に取り組んでいくとしている。

なお、CESのニコンブース内では、そのほかに本日発表されたデジタル一眼レフの上位機種「D5」や「D500」なども展示する。

デジタル一眼レフの最上位機種「D5」

D5のカットモデル


LampFreeという、レーザー+LEDのハイブリッド光源を使ったプロジェクターもブース内でアピール

関連記事