Acer LumiSense+搭載

エイサー、DTSスピーカー内蔵の小型・短焦点LEDプロジェクター「K138ST」

編集部:杉浦 みな子
2015年10月22日
日本エイサー(株)は、DTS音声技術を採用するスピーカーを内蔵したモバイル型のLEDプロジェクター「K138ST」を10月23日に発売する。価格はオープンだが、93,000円前後での実売が予想される

K138ST

外形寸法240W×147H×59Dmm、質量750gというA5用紙サイズのコンパクトな筐体を実現し、持ち運びもできるモバイルプロジェクターとしてラインナップした製品。投写方式はDLPで、0.45型DMDチップを搭載する。投写解像度は最大WXGA(1,280×800)で、1.7m距離から100インチの投写が行える短焦点レンズを搭載している。

光源はLEDで、輝度は800ルーメン、コントラスト比は100,000対1。LED光源を採用したことにより省電力性も高めており、光源の寿命は約2万時間(エコモード時で3万時間)を確保する。

本体天面に備えるライトセンサーで周囲の明るさを検知し、投写映像の彩度や輝度を自動調節する機能「Acer LumiSense+」搭載している。

内部にはDTSの音声技術を採用した出力3W×2のステレオスピーカーを内蔵しており、本機単体でも音声出力が行える。

HDMI入力は1系統を備えており、MHL機能にも対応する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドACER
  • 型番K138ST
  • 発売日2015年10月23日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格93,000円前後)

関連記事