CEATECで公開

シャープ、8K/HDR対応の85型IGZOディスプレイを10月30日発売。約1600万円

編集部:杉浦 みな子
2015年09月16日
シャープ(株)は、市販品として世界で初めて8K映像の規格に準拠し、8K解像度でのHDR拡張表示に対応した映像ディスプレイ「LV-85001」を10月30日に発売する。プロユースの機器として、法人向けを中心に完全受注生産で販売予定。価格はオープンだが、1,600万円前後での実売が予想される。

LV-85001

解像度7,680×4,320・85型のIGZO液晶パネルを搭載するディスプレイ。同社が液晶テレビ“AQUOS”で培った高輝度・高色域表示技術などを投入している。

8K(スーパーハイビジョン)規格の映像は、アスペクト比16:9、画素数7,680×4,320、表示フレーム周波数最大120Hz、BT.2020色域、量子化ビット数最大12ビットなどが定められており、本機はこれらに準拠した表示能力を確保。上述の通り、8K解像度でのHDR拡張表示にも対応する。

なお、本体には地上/BS/110度CSデジタル放送チューナーも搭載するが、BS/110度CSによる4K・8K放送の受信には非対応となる。

活用用途としては、2018年に予定されている4K・8K実用放送に向けた映像制作事業者のコンテンツ制作や、美術館・博物館での美術・工芸品の新たな展示演出などを想定している。

本機は、10月7日から開催される「CEATEC JAPAN」のシャープブースで公開される予定。そのほか、同社東京支社(東京都港区)のBtoBショールームにも展示する。

【問い合わせ先】
シャープ
TEL/0120-099-233

関連リンク

関連記事