4,096×2,400画素。5,000ルーメン

キヤノンが4Kプロジェクター開発。LCOS方式で'16年市場投入

編集部:杉浦 みな子
2015年09月01日
キヤノンは、同社初の4K対応プロジェクターを開発中であると発表した。2016年に市場投入する予定としている。

開発中の4Kプロジェクター

開発中の4Kプロジェクターには、同社が長年培ってきた光学技術や光学システム、高性能映像エンジンなどの独自技術を結集するとしており、投影方式にはLCOS方式を採用。解像度は4Kデジタルシネマ(4,096×2,160画素)を上回る4,096×2,400画素に対応し、輝度は5,000ルーメンを確保するという。

一般的に、プロジェクターは高輝度になるほどランプや冷却装置が大きくなるため本体サイズが大型化するが、キヤノンでは独自の光学システム「AISYS」を採用することで、5,000ルーメンの高輝度でも本体の小型・軽量化を実現するとのこと。また、新開発の4K対応ワイドズームレンズを搭載することで、短い設置距離でも大画面投写できるように配慮。ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせる機能も搭載予定としている。

キヤノンでは本件について、美術館や博物館、車や飛行機などのシミュレーター、デザイン現場といった限られた空間で高精細な映像投写を行うニーズに応えるため、高輝度・高解像度を確保しながら、小型・軽量で幅広い設置環境に対応可能な4Kプロジェクターの開発をスタートしたと説明している。

関連リンク

関連記事