ミリ波データリンクで伝送

三菱電機とパスコ、航空機から地上への大容量データ伝送を行う実証実験 - 8K伝送への転用にも期待

編集部:小澤貴信
2015年07月22日
三菱電機とパスコは、航空機にミリ波(400MHz帯)データリンクを搭載し、地上に大容量データを送信する航空機・地上間通信システムの実証実験に成功した。この実験の成果は、4K/8Kなどの放送素材伝送への転用も期待されるという。

災害発生時に航空機などが撮影した被災地の画像は、被災状況の正確な把握のために活用されている。こうした画像を迅速に復旧・救援活動の現場に提供するまでの時間を短縮するべく、三菱電機とパスコは大容量データの送信実験を国内で実施。航空機から地上への大容量通信の有効性を検証・評価していた。

なお、大容量通信に適した周波数であるミリ波帯による通信システムは、これまで国内での航空機と地上間の通信実証実験は実施されておらず、日本の気象条件や国内法規制下での有効性、適合性は未知数だったという。

地上からの高速捕捉・自動追尾性能のイメージ

今回の実証実験により、国内環境において高度1,000m・600mを時速200kmで飛行する飛行機からの100Mbps伝送に成功。さらに装置の小型化による航空機への搭載性や過般設置性も実証された。また地上側の装置については、APAA方式アンテナが上空のミリ波電波を高速でサーチし、ミリ波を送信している航空機が通信エリアに進入すると瞬時に捕捉し、自動追尾する技術が採用された。

関連記事