DIATONEスピーカーも搭載

三菱、4Kテレビ“REAL”LS1シリーズ ー 赤色レーザーバックライトで色域拡大

ファイル・ウェブ編集部
2014年08月25日
三菱電機は、レーザー光源を採用した4K解像度の液晶テレビ“REAL”LS1シリーズを10月30日に発売する。


4K解像度の液晶テレビ“REAL”LS1シリーズ

同社は昨年8月、4Kテレビ試作期を関係者向けの展示会で披露(関連ニュース)。その後、昨年10月のCEATECで、赤色レーザー光源をバックライトに採用した“REAL LASERVUE”4K対応モデルを参考展示していた(関連ニュース)。今回、満を持して製品の発表を行った格好となる。

発売するのは65型の「LCD-65LS1」と58型の「LCD-58LS1」の2モデル。価格はいずれもオープンだが、65型は70万円前後、58型は50万円前後での販売が予想される。

65型の「LCD-65LS1」

58型の「LCD-58LS1」

レーザー+シアンLEDなどの工夫で色域を拡大

業界で初めて、バックライトに赤色レーザーと新開発のシアン色LEDを採用。赤色レーザーによって、特に深い赤系の色、赤、ピンク、紫などを鮮やかに再現できるほか、シアン色LEDは青や緑の再現性向上に効果を発揮する。

LS1シリーズ投入後の、REALの各ラインナップと位置づけ

新製品のコンセプト

これに赤、青、緑の色純度を高くする高性能カラーフィルターとを組み合わせることで、4K映像のスタジオ規格であるBT.2020の色域カバー率80%以上を実現した。これは同社の白色LEDバックライトを搭載した従来モデル「LCD-50MLW5」と比べ、145%の広色域となる。

色彩の比較。左がLS1シリーズ、右が白色LEDバックライトモデル


なおバックライトは直下型で、ローカルディミングにも対応。さらに、映像の暗い場所で制御した電力を明るい場所に集中させ、ピーク輝度を高める「輝きダイナミックレンジ」も搭載した。パネルの表面処理はグレアで、「Brilliant Dia Panel」という名称がつけられている。パネル方式はVA。

本体を後ろから見たところ

映像エンジンは「DIAMOND ENGINE 4K」。4K対応超解像技術「DIAMOND HD」と、デジタル映像をBT.709の色域に落とすときなどに欠落する情報を、12軸で独立コントロールする「LASER COLOR CONTROL」などを搭載した。12軸の調整は自動で行われ、ユーザーには開放されていない。なお、リモコンには中央付近に「色彩モード」ボタンを搭載。好みの色彩へワンタッチで切り替えられる。

本機のリモコン

中央に「色彩モード」ボタンを用意する

なおパネルは240Hzの倍速駆動で、ローカルディミングにも対応している。ローカルディミングは設定でオフにすることも可能。ローカルディミングの分割数は非公表。

映像モードは「ハイブライト」「スタンダード」「シネマ」「フォトナチュラル」「フォトビビッド」「マイベスト」から選択できる。特に写真専用画質モードを2種類用意したことが特徴で、色鮮やかな「フォトビビッド」と、自然な色合いの「フォトナチュラル」から選択できる。

4Kとレーザーバックライトにより、写真を綺麗に見られると訴求する

映像モードを選択する画面

また、3Dはアクティブシャッター方式に対応。3Dメガネは付属しないが、別売りの3Dメガネを購入することで3D映像を楽しむことができる。

画質設定画面


独立型スピーカーの「DIATONEサウンドシステム」で音質にも注力

さらに、音声面も強化。総合出力58Wの「DIATONEサウンドシステム」を搭載した。画面から分離した、アルミ製の円筒形タテ型スピーカーボックスを左右に配置。このスピーカーは画面本体部と一体で、取り外したり、画面と離れたところに置くといったことはできない。

「DIATONEサウンドシステム」を搭載

左右独立のDIATONEスピーカーシステム

スピーカーはトゥイーター×2、ウーファー×1基を、各チャンネルのスピーカーボックスにそれぞれ搭載している。低域用には、パッシブラジエーターも各チャンネル2基搭載している。これは2個のスピーカーの共振周波数をずらしたデュアルパッシブ方式となっている。

スピーカーのサランネットにはDIATONEロゴが


2つのトゥイーターは縦に並べて配置されており、上のトゥイーターは斜め上を向けている。これにより、横方向だけでなく、縦方向にも広がる立体的な音を実現しているという。

スピーカーは円筒形だ

スピーカーを取り外すことはできない

ウーファーには大型の強力マグネットを採用。磁束密度は1万ガウスで、従来比で約36.9%アップ。

ユニットの振動板には新素材のNCVを採用した。チタン並みの伝搬速度と紙製振動板と同等の内部損失を両立したものだという。

ユニットの振動板には新素材のNCVを採用した

なお、LS1シリーズはBluetoothにも対応しており、スマホやタブレット、PCなどの音楽を手軽に楽しむことが可能だ。

そのほか、DATONEの音響技術を多数搭載。自動ボリューム調整機能「DIATONE Volume」、サラウンド機能「DIATONE サラウンド」、バーチャルヘッドホン再生機能「DIATONEサラウンドHEADPHONE」、音声補間技術「DIATONE HD」、ベース機能「DIATONE BASS」、そして「DIATONEリニアフェイズ機能」などを搭載している。

サラウンド機能も搭載している

2TB HDDに番組を直接録画可能

また、2TBのハードディスクを内蔵。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを3系統搭載しており、リモコンの操作でテレビ本体に直接番組を録画できる。最高で12倍の長時間録画も行える。2番組同時録画を行いながら、もう1番組を視聴するといった使い方も可能だ。スカパー! プレミアムサービスリンクにも対応しており、同放送を録画することもできる。

また外付けUSB-HDDやNASにも対応し、内蔵HDDからのダビングに対応している。ただしUSB-HDDやNASへ直接録画することはできない。「ユーザーさんにとって一番わかりやすいのは、なにも考えずに録画ボタンを押せば録れるというもので、これを目指した」(同社)。容量が圧迫されると、自動的に外付けHDDへコンテンツをダビングする機能なども備えている。また、HDD内での録画モード変換も可能だ。

HDMI入力端子は4系統で、うち2系統がHDMI 2.0/HDCP 2.2に対応。著作権保護のかかった4K/60p映像を入力することができる。またHDMI入力3のみARCに対応している。

さらに、iOS用のアプリも用意する予定で、10月下旬の配布開始を目指している。専用アプリ「REAL Remote 予約」「REAL Remote 音声操作」により、録画予約や音声によるコントロールが行える。

そのほかネットワーク機能では、DLNAのサーバー機能を搭載。本機が録画した番組を、ネットワーク内の対応機器へ配信することが可能だ。またVOD機能では、アクトビラとTSUTAYA TVが利用できる。

これら以外に、タニタ製の体組成計との連携機能も装備。タニタの活動量計「AM-160」で計測した歩数や総消費エネルギー、体脂肪率、筋肉量、BMIなどのデータを、テレビへBluetoothで転送。テレビ場画面上でグラフを見ることなどができる。

デザイン面にも注力。左右の独立したスピーカー部分で画面を支え、映像の浮遊感を演出するデザインとした。さらにスタンドはクロームメッキを採用。上質感を出すことをねらった。

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番LCD-65LS1
  • 発売日2014年10月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格700,000円前後)
【SPEC】●サイズ:65型 ●画素数:3,840×2,160(4K) ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、音声出力×1、デジタル光音声出力×1、ヘッドホン×1、USB×1、SDカードスロット×1、LAN×2 ●外形寸法:1697W×930H×402Dmm(スタンド含む) ●質量:49.4kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番LCD-58LS1
  • 発売日2014年10月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格500,000円前後)
【SPEC】●サイズ:58型 ●画素数:3,840×2,160(4K) ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル(CATVパススルー対応)×3 ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、音声出力×1、デジタル光音声出力×1、ヘッドホン×1、USB×1、SDカードスロット×1、LAN×2 ●外形寸法:1539W×849H×402Dmm(スタンド含む) ●質量:43.1kg(スタンド含む)

関連記事