1年間の実証実験を開始

TOKYO MXの番組を全国から視聴できるアプリ「エムキャス」。ワカコ酒などから順次対象拡大

編集部:小野佳希
2015年07月01日
東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は、リクルートホールディングスと業務提携し、「TOKYO MX」の放送を同時配信する無料アプリ「エムキャス」の実証実験を開始した。

「エムキャス」の視聴画面イメージ

本アプリを利用することによって、地上波放送では東京および関東圏の一部でしか受信できないTOKYO MXを全国からスマートフォン/タブレットを通して視聴可能。iOS・Androidの両方に向けてアプリを無料提供する。

アプリでは通信速度に応じて画質が変更可能。通信環境が良い時には高画質でフル活用、悪い時には画質を抑えてスムーズな再生を重視するといった具合に、状況に応じた使い分けが行える。

まずは一部番組のみから配信をスタートさせるが、対象番組は今後順次拡大予定。なお、この実験は1年間を予定している。当初の配信番組は下記の通り。

・ニセコイ 1st Season Selection
・シュタインズ・ゲート
・洲崎西 THE ANIMATION
・東京乙女レストラン
・絶体絶命でんぢゃらすじーさん
・てーきゅう 5期
・ワカコ酒
・月刊ブシロードTV
・ゲームクラブeスポーツMaX
・ナルどマ
・都知事定例会見
・爆走兄弟レッツ&ゴー!!
・VENUS PROJECT
・アニソンCLUB!
・西部邁ゼミナール
・営業の達人

関連記事