価格は55,000円

クリエイティブ、ハイレゾ対応多機能アンプ「Sound Blaster X7」 を高出力化した“Limited Edition”

編集部:小野佳希
2015年06月23日
クリエイティブメディア(株)は、単体アンプやUSB-DAC搭載ヘッドホンアンプなど幅広く使用できるオーディオアンプ“Sound Blaster X7”について、高出力化した直販限定モデル“Sound Blaster X7 Limited Edition“「SB-X-7L」を6月下旬より発売する。価格は55,000円(税抜)。

Sound Blaster X7 Limited Edition

PCとのUSB接続のほか、ゲーム機やプレーヤー機器、スマートフォンなど幅広い音声ソース機器との接続を想定したDAC搭載アンプ。2014年12月に発売した通常モデル(関連ニュース)の性能を向上し、パールホワイトカラーを採用した特別仕様モデルで、直販サイト限定で展開する。

新たに144W(24V, 6A)の高出力電源アダプターを採用し、スピーカー出力が通常モデルの最大76W(38W+38W/4Ω接続時)から、最大100W(50W+50W/4Ω接続時)に向上。さらに、ヘッドホン出力インピーダンスは通常モデルの2.2Ωから1Ωとなった。これにより、高インピーダンスのヘッドホンだけでなく、感度の高い低インピーダンスのインイヤーモニター(IEM)などでも使用できるようにした。

高出力電源アダプター

なお、従来のSound Blaster X7ユーザーに向けて、この高出力アダプターの単品販売も実施。Sound Blaster X7 Power Adapter Upgrade Kit「AV-SBX7PA」として12,800円(税抜)で販売する。

また、この高出力アダプターは3ピンタイプのため、日本国内での一般的な2ピンタイプのコンセントでの使用には2ピンへの変換アダプターが別途で必要。Limited EditionおよびUpgrade Kit購入者にはキャンペーンとして、3ピンプラグから2ピンプラグ(アース線付き)への変換アダプターをプレゼントする。

その他の基本スペックは通常モデルと共通で、DAC搭載ヘッドホンアンプとしてはUSB入力経由で最大192kHz/24bitまで、光デジタル入力経由で最大96kHz/24bitまでの音源に対応。また、USB-A端子経由でスマートフォンのデジタル接続も可能。iPhoneのLightning端子にも対応しており、最大48kHz/24bitまで対応する。なおDACチップやヘッドホンアンプの変更などはされていない。

ドルビーデジタル対応デコーダーも装備しており、ゲーム機やプレーヤー機器などと光デジタルケーブル接続すれば、本機を介してドルビーデジタル音声の5.1chサラウンド再生が行える。5.1chアナログ出力も搭載しており、同社のアンプ内蔵5.1chスピーカーなどを接続してドルビーデジタルの5.1chサラウンド再生を楽しむこともできる。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドCREATIVE
  • 型番SB-X-7L
  • 発売日2015年6月下旬
  • 価格¥55,000(税抜)
【SPEC】●対応OS:Microsoft Windows 8.1/8/7/Vista、Mac OS X 10.6.8以上、iOS 6.0以上、Android 2.3以上(Bluetooth接続時)/4.1以上(USB接続時) ●スピーカー出力:最大100W(50W+50W/4Ω接続時) ●ヘッドホン出力インピーダンス:1Ω ●最大出力:50W+50W(4Ω,1kHz,10% THD)、27W+27W(8Ω,1kHz,10% THD) ●定格出力:37W+37W(4Ω,1kHz,10% THD)、22W+22W(8Ω,1kHz,10% THD) ●全高調波歪率:0.05%(1kHz,4Ω,30W)●ヘッドホン出力端子:6.3mm標準、3.5mmステレオミニ ●音声出力端子:RCAライン、3.5mmステレオミニ×2、スピーカー×2、角形光デジタル ●音声入力端子:RCAライン、3.5mmステレオミニ(マイク)、角形光デジタル、micro USB-B、USB-A ●Bluetoothバージョン:ver.4.1 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP ●対応コーデック:SBC/AAC/aptX/aptX Low Latency ●外形寸法:約130×150×147mm(突起部含まず) ●質量:約865g

関連記事