ネオジウムマグネット採用40mmドライバー搭載

フィリップス、Fidelioシリーズ初のアクティブノイキャン搭載ヘッドホン「NC1」

編集部:小澤貴信
2015年05月22日
フィリップスは、Fidelioシリーズのアクティブノイズキャンセリング機能搭載ヘッドホン「NC1」を6月上旬より発売する。価格はオープンだが、32,200円前後での実売が予想される。

“Fidelio”NC1

ハウジングは90度回転する

NC1はフィリップスのオーディオ分野のハイエンドブランド「Fidelio」シリーズのヘッドフォンとして、初めてアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したモデル。様々な環境下でノイズを抑えたクリアなサウンドを楽しめると共に、洗練されたデザイン、そして軽量化などによる快適な装着性の両立を目指した。

ノイズキャンセリング機能については、左右のハウジングの外側と内側に2つの集音マイクを搭載した「ハイブリッドノイズキャンセリング方式」を採用。ハウジング外側のフィードフォワードマイクが中〜高周波ノイズを検知し、一方で内側のフィードバックマイクが低周波ノイズを検知することで、幅広い周波数帯域で周囲のノイズを測定することが可能。測定されたノイズは、独自開発のアクティブのイズキャンセリング回路で解析され、反転信号を生成することで最大25dBのノイズ低減を実現している。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載する

ドライバーについては、高性能ネオジウムマグネット採用40mmドライバーを搭載。本体は軽量化され、折りたたみ可能なヘッドバンドを採用。人間工学に基づいてデザインされた低反発イヤーパッドは、長時間でも快適なリスニングができるようにフィット感と通気性に配慮されている。内蔵バッテリーは約30時間の連続使用が可能で、充電時間は約2.5時間となる。

高性能ネオジウムマグネットを採用した40mmドライバーを搭載

折りたたんでキャリングケースに収納したところ

折りたたみも可能なほか、キャリングケースが付属。ケーブルには、ノイズの少ない通話が可能だというインラインリモコンとマイクを搭載する。

再生周波数帯域は7Hz〜25kHz、インピーダンスは16Ω、感度は107dB、最大入力は150mW。質量は191gとなる。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPHILIPS
  • 型番“Fidelio”NC1
  • 発売日2015年6月上旬
  • 価格¥OPEN(市場想定価格32,200円前後)
【SPEC】●再生周波数帯域:7Hz〜25kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:107dB ●最大入力:150mW ●連続駆動時間:約30時間 ●充電時間:約2.5時間 ●質量:191g

関連記事