ワイヤレスサブウーファー採用

パナソニック、HDCP2.2対応の薄型シアターバー「SC-HTB885」「SC-HTB690」

編集部:小澤 麻実
2015年04月01日
パナソニックは、HDCP2.2対応で4Kコンテンツのパススルーも可能なシアターバーシステム「SC-HTB885」「SC-HTB690」を5月22日に発売する。価格はオープンだが、HTB885は80,000円前後、HTB690は50,000円前後での販売が予想される。

どちらもバースピーカーとワイヤレスサブウーファーで構成されたシステム。HTB885は5.1ch、HTB690は3.1chのサラウンド再生に対応。パナソニック独自のデジタル信号処理技術により、前方スピーカーだけでサラウンドサウンドを楽しむことができるとしている。

また、前述のとおり、4Kコンテンツの著作権保護技術であるHDCP2.2に対応。BDプレーヤーなどの機器から受け取った4K映像信号も、テレビにパススルー(送信)することができる。またBluetoothにも対応しており、スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を楽しむことも可能だ。各製品の詳細は以下のとおり。


SC-HTB885 ¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)


SC-HTB885
バースピーカー部には5基(センター×1、フロント×1、トゥイーター×1、サラウンド×1)のスピーカーを搭載。サブウーファーと合わせて5.1chサラウンドサウンド再生が可能だ。バースピーカーは約5.1cmと低背設計で、テレビ前に置いても画面に重なりづらい点はメリットのひとつ。また側面が三角形のデルタフォルムデザインとすることで、音に的確な指向性を持たせ、効果的なサラウンド音響を実現するという。サブウーファーはワイヤレス設計のため、バーから約10mの範囲内なら配線にとらわれず自由に設置できる。

実用最大出力総合500Wの高性能アンプ「LincsD-Amp II」を搭載。「クロック再生成技術」により、高音域から可聴限界以下の超低音域までのジッター(時間軸方向のズレ)を最小に低減することに加え、新アルゴリズムを採用した「歪み補正PWMモジュレータ」により、原音に忠実な音の波形再現を可能にしているという。

そのほか、セリフなどを聞き取りやすくする「明瞭ボイス」機能や、ジャンルに合わせて最適なモードに自動切り替えする「番組ぴったりサウンド」機能なども搭載。映画はもちろん放送番組も良い音で楽しむことができる。さらに、音楽鑑賞に適した音質設定に簡単に切り替えられる「ワンタッチMUSICモード」も用意されている。

Bluetoothに対応し、スマホ等からのワイヤレス音楽再生も可能。aptXやAAC、NFCにも対応している。

入出力端子としてHDMI入力端子2系統、HDMI出力端子1系統、光デジタル音声入力端子1系統、Irシステム、USB端子を備える。


SC-HTB690 ¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)


SC-HTB690
バースピーカー部には3基(センター×1、フロント×2)のスピーカーを搭載。サブウーファーと合わせて3.1chサラウンドサウンド再生が可能だ。バースピーカーの高さは約5.5cmと、こちらも低背設計とした。サブウーファーは本機もワイヤレス設計。

アンプ部は実用最大出力総合350W。「明瞭ボイス」機能や「番組ぴったりサウンド」機能などは本機も搭載している。

Bluetoothにも対応し、ワイヤレス音楽再生が可能。なお本機はaptXやAAC、NFCには非対応となる。

入出力端子としてHDMI入力端子1系統、HDMI出力端子1系統、光デジタル音声入力端子1系統、Irシステム、USB端子を備えている。


【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB885
  • 発売日2015年5月22日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
【SPEC】●使用ユニット:フロントスピーカー(L/R)…ウーファー6.5cmコーン型×1/ch、トゥイーター…2.5cmセミドーム型×1/ch、センタースピーカー…フルレンジ6.5cmコーン型×1、サラウンドスピーカー(L/R)…フルレンジ6.5cmコーン型×1/ch、アクティブサブウーファー…ウーファー16cmコーン型×1 ●実用最大定格出力(サラウンドモード、各ch動作時):フロント(L/R)…50W+50W(1kHz,6Ω,全高調波歪率 10%)、センター…50W(1kHz,6Ω,全高調波歪率 10%)、サラウンド(L/R)…50W+50W(1kHz,6Ω,全高調波歪率 10%)、サブウーファー…250W(100Hz,8Ω,全高調波歪率 10%)、合計値…500W(非同時駆動、JEITA) ●接続端子:HDMI入/出力×2/1、光デジタル音声入力×1 ●Bluetoothバージョン:ver.3.0 ●対応プロファイル:A2DP ●対応コーデック:apt-X/AAC/SBC ●消費電力:本体…46W、アクティブサブウーファー…約55W ●外形寸法:本体(テーブル置き時/壁掛け時)…1,125W×51H×121Dmm/1,125W×122.5H×56.5Dmm、アクティブサブウーファー…180W×408H×306Dmm ●質量:本体(テーブル置き時/壁掛け時)…約3.1kg/約3.2kg、アクティブサブウーファー…約5.4kg
  • ジャンルその他
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB690
  • 発売日2015年5月22日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
【SPEC】●使用ユニット:フロントスピーカー(L/R)…フルレンジ6.5cmコーン型×1/ch、センタースピーカー…フルレンジ6.5cmコーン型×1、アクティブサブウーファー…ウーファー16cmコーン型×1 ●実用最大定格出力(サラウンドモード、各ch動作時):フロント(L/R)…70W+70W(1kHz,6Ω,全高調波歪率 10%)、センター…70W(1kHz,6Ω,全高調波歪率 10%)、サブウーファー…140W(100Hz,8Ω,全高調波歪率 10%)、合計値…350W(非同時駆動、JEITA) ●接続端子:HDMI入/出力×各1、光デジタル音声入力×1 ●Bluetoothバージョン:ver.2.1 ●対応プロファイル:A2DP ●対応コーデック:SBC ●消費電力:本体…44W、アクティブサブウーファー…約27W ●外形寸法:本体(テーブル置き時/壁掛け時)…950W×55H×120Dmm/950W×125.5H×57.2Dmm、アクティブサブウーファー…180W×378H×303Dmm ●質量:本体…約2.5kg、アクティブサブウーファー…約4.7kg

関連記事