総合出力も前モデルよりアップ

パナソニック、HDCP 2.2による4Kパススルー対応の台座型2.1chシアターボード「SC-HTE200」

編集部:小野佳希
2015年04月01日
パナソニックは、テレビの下に設置可能な台座タイプのシアターシステム新製品として、HDCP 2.2への対応で4K放送や4K配信のパススルーが可能になった「SC-HTE200」を5月22日に発売する。価格はオープンだが、40,000円前後での販売が予想される。

SC-HTE200

最大出力200Wの2.1chシステム。従来機「SC-HTE180」から高出力化したことに加え、上記のようにHDCP 2.2に新対応。HDCP 2.2非対応製品では、4K対応チューナーやレコーダーからの音声信号を通せないが、今回のモデルでこれをクリアした。同社では「本格的に4Kパススルー対応」だとアピールしている。

4Kでは従来から引き続き4K/60p 4:4:4信号にも対応。サブウーファーを内蔵した2.1chシステムであるため、省スペースでも4K放送を迫力の重低音で楽しめるとしている。

デザイン面では、傷つきにくく掃除も簡単だというガラス天板を採用。高級感を演出するとともに、同社製テレビ“VIERA”とのマッチングを強化した。

そのほかBluetoothにも対応しスマートフォンなどからの音楽をワイヤレスで再生することも可能。加えて、セリフなどが聞き取りやすい「明瞭ボイス」機能(4段階で調整可能)なども引き続き備えている。

天面耐荷重は50kg。HDMI入力は1系統を装備する。

関連リンク

関連記事