全音源を192kHz/32bitアップコンバートも

ケンウッド、業界初のハイレゾ対応カーナビ“彩速ナビ Type Zシリーズ”

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2015年02月04日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのカーナビ“彩速ナビゲーション”新モデルとして、業界初のハイレゾ音源再生対応機“Type Zシリーズ”「MDV-Z702」と、その200mmワイドモデル「MDV-Z702W」を2月下旬より発売する。価格はオープンだが、どちらも14万円前後での実売が予想される。

MDV-Z702

MDV-Z702W

■192kHz/24bitのWAV/FLACに対応 − 全音源を192kHz/32bitアップコンバートも

地上デジタルTVチューナーやBluetoothを内蔵し、DVD/USB/SDカード内の動画や音楽ファイルが再生可能なAVナビゲーションシステム。ディスプレイは静電タッチパネル式の7型ワイドで、7段階のチルトや4段階の視野角表示調整機能に対応している。

発表会では音出しデモも

市販AVナビとして初めて192kHz/24bitのハイレゾ音源(WAV/FLAC)再生に対応した点が大きな特徴。なお、音楽はWAV/FLAC/MP3/WMA/AAC/Vorvisファイルに、動画はMPEG-4 Video、H.264/MPEG-4 AVC、WMVに対応し、MP3/MWA/AACを記録したCD-R再生にも対応する。

音楽再生画面。ハイレゾ音源にはハイレゾロゴも表示される

USBメモリーまたはSDカードに保存したハイレゾ音源を再生可能。DACチップには旭化成エレクトロニクス(AKM)製32bitプレミアムDACを搭載。32bit処理に加えて、ノイズ特性が高い設計だという「VELVET SOUD」テクノロジーにより開発されたDACによって、楽曲の持つ空気感まで表現し、ハイレゾ音源を忠実に再現するとしている。

AKM製32bitプレミアムDACを搭載

さらに同DACチップにより、すべての音源を192kHz/32bit相当にアップコンバート。CDや圧縮音源、動画や地デジ再生も高音質で楽しめるようにした。なお、同処理はオン/オフを選択するのではなく、ハイレゾを含むすべての信号に対して自動で適用される。

独自の高音質化技術「K2テクノロジー」も搭載。CDや圧縮音源で失われた信号成分を、ビット拡張、周波数帯域拡張、波形補正によって補完する。また、音像イメージをリスナー正面に設定できる「フロントフォーカス」も備えるほか、従来の6つのプリセットモードと細かな調整が可能な13バンドグラフィックイコライザーに加え、2種類のイコライザーカーブが選べる「ノーマルEQ」「ナチュラルEQ」も搭載している。

「フロントフォーカス」なども搭載

K2テクノロジーも搭載

音質への多数の配慮/ワイヤレス音楽/動画再生も

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事