TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の3局

AMラジオをFM波で聴ける「FM補完放送」、ニッポン放送など3局が今秋〜今冬に本放送開始

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月14日
TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の3局は、FM放送波でAMラジオを聴取できる「FM補完放送」について、2015年秋から冬にかけて本放送開始予定であることを明かした。

FM補完放送は、AMラジオの内容をFM波でサイマル放送するというもの。災害対策や
難聴対策を目的にしており、3局が共同のアンテナを使用して東京スカイツリーから出力7キロワットで送信される。3局は2014年9月にFM補完中継局の予備免許を取得し、2015年春以降の放送開始予定だとしていたが、より具体的なスケジュールに言及された形。

周波数はTBSラジオが90.5MHz、文化放送が91.6MHz、ニッポン放送が93.0MHz。聴取エリアは東京都23区と埼玉県・千葉県・神奈川県の主要都市および周辺。このため、FM補完放送を聴取するには90MHz以上の受信に対応したラジオ機が必要になる。

なお、東京圏以外では、2015年1月1日時点で、KNBラジオ(北日本放送〜富山県)と南海放送ラジオ(愛媛県)、MBCラジオ(南日本放送〜鹿児島県)がFM補完放送の本放送を開始している。全国のAMラジオ局47局のうち、約半数以上の局がFM補完放送開始に向けて、具体的な作業、検討を行っているという。

関連記事