シーメンスからは補聴器新モデル

オンキヨーとシーメンス、音響製品を共同開発 − フィット感高めたスポーツイヤホンを来春発売

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2014年11月11日
オンキヨーとシーメンスは、日本市場における音響製品の共同開発を開始。2015年春の発売を目指し、スポーツ向けイヤホン「IE-S100シリーズ」を開発中であることを明らかにした。なお、オンキヨーにとっては初のスポーツユース向けイヤホンとなる。

IE-S100シリーズ

発表会にはプロスキーヤー・登山家の三浦雄一郎さんらも登場

■補聴器をベースにした独自形状の"次世代型イヤホン”

開発中の製品は、オンキヨーのオーディオ技術と、シーメンスが保有する膨大な耳型データを活かしたもの。シーメンスの耳穴型補聴器「SIEMENS COOL」のユニバーサルデザインとオンキヨーの技術を融合させた"次世代型イヤホン”としている。

通常のイヤホンとは異なる独特な形状を採用

近年増えているスポーツ向けイヤホンにはカナル型や、装着性を向上させるためのウィングチップ付属タイプも多い。しかしこれらは構造上大型化し、結果として運動する人の装着感を損なう大きな要因になっていたと両社は分析。そこでシーメンスの持つ膨大な耳型データを活かしたスポーツ向けイヤホンの開発に着手したという。

イヤーピースを外したところ

そして前述のようにシーメンスの補聴器「SIEMENS COOL」をベースに、スポーツ向けイヤホンとして適した形状へと筐体デザインをリファイン。これにより、“人間工学から導き出された次世代のフォルムとフィット感”を備えるものにしたとしている。

装着イメージ。2色のカラバリとiPhoneマイク付きモデルも用意する予定

ドライバーには新開発の6mmマイクロドライバーを搭載。このドライバーによって「従来にない中低域を実現した」(オンキヨー商品企画本部 商品企画課 マネージャー 浜田直樹氏)という。

アコースティックレゾネーター搭載で「低域を出しながら高域もマスクしない」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事